米有力紙NYタイムズ、フェイクニュース対策にブロックチェーンを導入

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米有力紙NYタイムズ、フェイクニュース対策にブロックチェーンを導入
 

米有力紙NYタイムズ、フェイクニュース対策にブロックチェーンを導入

NYタイムズ、『フェイクニュース』に対抗でブロックチェーンを利用へ
米ニューヨークタイムズは、フェイクニュース対策でIBMブロックチェーンを導入する。写真の撮影日時、場所、撮影者情報など、掲載される写真に関連する情報をブロックチェーンに書き込むなどの概念実証を年末にかけて行う。

NYタイムズ、『フェイクニュース』対抗でブロックチェーン利用

米有力紙「ニューヨークタイムズ」は『フェイクニュース』の対策を目的として、ブロックチェーンの導入に動いた。

同紙がIT大手IBMと共同で設立した出版プロジェクト「The News Provenance Project」は、IBMが開発した企業向けブロックチェーン「Hyperledger Fabric」を活用し、ニュース写真の真偽を認証する事業だ。

1つの事例として、いわゆる「ディープフェイク」という入り組んだ偽りだ。以前ではオバマ元大統領やハリウッドのタレントがディープフェイク写真の被害に遭わされたことがある。

直近の事例として、米著名メディアMotherJohnsが7月8日に報道した、フェイスブックCEOの「フェイクビデオ」だ。ビデオの内容は、CEOのZuckerberg氏がユーザーのデーター流出が全てフェイスブックの責任だという偽の自白で、このビデオを作ったクリエイターは、世間ではニュースや画像の裏付けをせずにそのまま信じてしまうことに対する風刺めいた教育用のものとして、警鐘を鳴らしている

このようにデータの管理によって、新聞を出版したメディア(SNS含むネットメディアなども)が拡散することに伴うそのニュース材料を認証する『シグナル』を確立することがNYタイムズの目標だという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B