過疎地域交通網のISOU PROJECT、オラクルのBaaSを採用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

過疎地域交通網のISOU PROJECT、オラクルのBaaSを採用

(Image: Jonathan Weiss / Shutterstock.com)

日本オラクル株式会社は7月23日、TIS株式会社と株式会社INDETAILが事務局を務めるISOU PROJECTにおいて、オラクルのブロックチェーン基盤が採用されることを発表した。過疎地域における次世代交通網の整備を目指す同プロジェクトは、8月19日から実施予定の実証実験において、地域通貨の流通および管理基盤に「Oracle Blockchain Platform」を使用する。

ISOU PROJECTは、ブロックチェーン技術や電気自動車(EV)を用いて、過疎地域での次世代交通網の構築やエネルギー問題の課題解決を目的とする計画。INDETAILとTISの2社が事務局を運営し、日本オラクルをはじめとする8社の賛同企業が参画している。

8月に実施する最初の実証実験では、北海道・厚沢部地区の住民を対象に、EVを用いたオンデマンドの交通網を検証する。交通網の利用の際に用いる地域通貨のプラットフォームとして、オラクルのBaaS(サービスとして提供するブロックチェーン)が使用されるとのことだ。

「Oracle Blockchain Platform」は、オラクルが提供するBaaSで、Hyperledger Fabricをベースに開発された。クラウドサービスとしてはフルマネージドに分類され、サーバーの保守運用などはオラクルが行い、ユーザーは迅速にブロックチェーンを用いたアプリケーションの構築やデプロイができる。

フルマネージド型のBaaSの中でも、同社が提供するデータベース関連製品などとの高い相互運用性を特長としている。必要なサービスと容易に連携できるという利点が、同プロジェクトでの採用の理由になったという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B