リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む|xRapidの取引数も好調=Q2最新レポート

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む|xRapidの取引数も好調=Q2最新レポート
 

リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む|xRapidの取引数も好調=Q2最新レポート

リップル社第二四半期レポート
リップル社が発表したQ2売り上げレポートによると、XRPの販売金額はQ1より49%の増加を記録し、XRPを利用するxRapidによる取引数も170%ほど上昇した。なお、より正確な出来高データを導入し、販売額を減らすことに取り組むと発表した。

リップル社第二四半期レポート

リップル社は2019年7月25日に、「Q2 2019 XRP Markets Report(第2四半期、4〜6月)」を公開した。

このレポートの中で、リップル社が有するXRPに関する売却の状況や、価格の推移について掲載。ベンチャーマーク企業の変更など、XRP販売に関わる重要変更点も発表された。

リップル社は4月から6月の期間にかけての仮想通貨XRP販売量を開示し、計272億円に達した。なおQ1に比べ、50%ほどの売り上げが増加した水準となる。

販売額推移は以下の通り。

XRP売り上げ、50%近く上昇

変更された出来高ベンチマークとは

xRapidの取引数増加

これは以前発表された「Q2のXRP売上高に関して、より保守的なアプローチを用いる」との項目で発表されたものに該当する。

Q3(7〜9月)のXRP販売方式についても、「Q2より」保守的なアプローチを用いるとしており、よりクリアな出来高を基準とした販売基準を設けると掲載。Q3におけるプログラマティック販売は、変更後のベンチマーク「CryptoCompareのトップティア(CCTT)のデータ」を元に、10bpsのレート目標で行う予定だという。

補足:bpsとは、Basis Pointsの略で、1万分の1の値を「1.0」とする単位である。(例:1bps=0.01%) よって、10bpsは0.1%に相当する数値となる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B