仮想通貨トロン運営のジャスティン・サン氏が中国当局に「完全降伏」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨トロン運営のジャスティン・サン氏が中国当局に「完全降伏」

(Image: Shutterstock.com)

著名投資家ウォーレン・バフェットとのランチの権利を460万ドル(約5億円)で落札しながら、開催数日前に体調不良でドタキャンし、さまざまな憶測を呼んでいた仮想通貨TRON(トロン)の運営者ジャスティン・サン(孫宇晨氏)氏が25日未明、中国のSNSウェイボ(微博)で、「孫宇晨の謝罪」と題する長文の文章を投稿した。

サン氏は歯に衣着せぬ性格で知られ、これまでも度々SNSで起業家やメディアを罵倒してきた。が、23日「腎結石」を理由に25日に予定されていたバフェット氏とのランチを延期すると発表後、中国の経済メディア財新が「病気と言うのは嘘で、彼はマネーロンダリングなどの違法行為の疑いで、中国当局から出国を止められている」と報道。別の事業でのトラブルや過去の受験不正疑惑などが一気に噴出していた。

サン氏は謝罪文で、これまでの自身の発言や行動を謝罪。今後病気の治療に専念し、SNSでの投稿や取材対応を控えるとした。謝罪文の要旨は以下の通り。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B