仮想通貨高騰にイーサリアムが先導か 今後アルトコイン市場が再注目される可能性を考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨高騰にイーサリアムが先導か 今後アルトコイン市場が再注目される可能性を考察
 

仮想通貨高騰にイーサリアムが先導か 今後アルトコイン市場が再注目される可能性を考察

仮想通貨市況
ビットコインが1万ドルに復調に、イーサリアムの主導上げが影響した。2018年より低調続くアルト市場に復調の兆しが見える理由を考察した。

仮想通貨市況

仮想通貨市場は25日、ビットコインが1万ドルに復調。5日ぶりに大きく反発した。ビットコイン(BTC)は、意識されていた9000ドルまで落ちる前に、ショートカバーを伴い一時110万円まで急反発した。19:30時点では、109万円付近を推移している。

6月下旬から7月上旬にかけて形成したペナント上限の延長ライン(緑)は、8日に上方ブレイクして以降の反落フェーズでも度々ワークしており、先日の反発時には逆三尊のネックラインとしても機能している。

現在の1h雲上限を抜けることができれば、次の関門は115.2万円付近(②)にある。26日(金)9:00には、112.5万円付近に4h雲ねじれをを迎えることになるため、続伸した場合はその辺りの時間軸が意識される可能性も考えられる。

アルト主導上げの重要性

ビットコインのドミナンス高水準を推移 アルト劣勢に

今後、主要アルト市場が注目される可能性

なお、今回の相場上昇はイーサリアムが先行し、久しぶりにアルト主導上げの状況が確認された。

ビットコイン相場は2019年に20日移動平均線と75日移動平均線、200日移動平均線と、短期中期長期の全ての移動平均線でゴールデンクロスを確認。4月の20日・200日移動平均線のGCを皮切りに、大きく市場が急伸した。市場が急伸し始めた19年4月より、BTCドミナンスが大幅続伸、4月時点の50%から現時点で65%近くまでシェアを拡大している。

世界的に規制整備が進み、大手企業や金融機関の参入も相次ぐ中で、市場に活気が戻らないのはなぜか?現在市場が置かれている状況とアルト主導上げの重要性を考察する。

19年のBTC市場急伸の中で見られた傾向として、アルトコイン市場への影響が見られなかったことが挙げられる。ビットコインは18年の下落相場時よりドミナンス50%を底値に推移、19年の上昇相場突入と共にBTC一辺倒なドミナンスシェアを拡大させた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B