ニチガス、エストニア政府採用の技術でコールセンター効率化サービスを開発・提供開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ニチガス、エストニア政府採用の技術でコールセンター効率化サービスを開発・提供開始

日本瓦斯株式会社(以下、ニチガス)は7月26日、エストニアの電子国家基盤として採用されている「X-Road」とブロックチェーンを組み合わせ、コールセンター向けワンストップサービスを開発し、提供を開始した。同サービスはX-Roadとブロックチェーンを実装し商用展開する国内初の取り組みとのこと。オペレーターによるワンストップでの業務対応を可能とし、業務を大幅に効率化できるという。

X-Roadはエストニアの電子政府における重要な基盤技術である。政府管理下の複数のデータベースを接続する役目を担う。複数あるデータベースを統合するには膨大なコストがかかるが、同技術はデータベース自体は分散したままで、相互連携を可能とする。エストニア政府において、コストを抑えながら大幅な業務の効率化を実現した。

ニチガスはプラネットウェイ社開発の民間向けX-Road技術「PlanetCross」を採用し、自社開発を行った。コールセンター内の複数のデータベースを統合することで、顧客情報の検索と受付業務の一元的な運用を可能にした。また、ブロックチェーン技術をアクセス権の管理に活用している。アクセスログを改ざんできないようにすることで、部外者の情報アクセスを遮断するという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B