ビットコイン高騰でコインチェック業績急回復、米仮想通貨事業は10月始動|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン高騰でコインチェック業績急回復、米仮想通貨事業は10月始動|仮想通貨市況
 

ビットコイン高騰でコインチェック業績急回復、米仮想通貨事業は10月始動|仮想通貨市況

仮想通貨市場
コインチェック擁するマネックスが決算を発表。4月以降のBTC急上昇でクリプト事業の業績が大幅回復したほか、期待集まる米仮想通貨交換業を10月開始予定とした。現在のBTC価格は、週明けに重なる重要ファンダに警戒感も。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

マネックスグループが26日に発表した2019年4~6月期の連結決算では、純利益が前年同期比29%減の8億4900万円、営業収益は前年同期比3.4%減の131億円となるも、米国セグメントがマネックスグループの稼ぎ頭へと成長したほか、子会社の仮想通貨取引所コインチェックの「クリプトアセット事業」は、今年4月以降のビットコイン(BTC)価格高騰に伴い大幅増収。セグメント利益1.4億円で、四半期ベースで初の黒字化となった。

新規取扱い通貨では、今年6月に国内で人気を博すモナコイン(MONA)がコインチェックに新規上場した件を指している。専用アプリが250万DLを超えたほか、顧客預かり資産も1136億円に達するなど大幅増加した。

今後の見通しについては、「透明性ある規制およびグローバル企業の新規参入を受け、仮想通貨市場は健全な成長へと向かう過程にある」と強調したほか、内部管理とセキュリティの強化とともに外部委託にかかる費用削減を実施。ホットウォレットで保管する資産上限を足下25億円(ホットウォレットの資産上限2.5%)まで絞り、サイバーセキュリティリスクを低減するなど、万全を期している。

ビットコインテクニカル分析

海外アナリストの注目ライン

免責事項

資料内では、「国内の個人投資家の株式取引量が約7年ぶりの低水準になった」とも言及されたが、背景には米中貿易摩擦などに起因する景気後退リスク、および株(企業業績)の先行き不透明感があるものと見られ、このような状況は、金融市場リスクオフ時に退避資金の集まりやすくなるゴールドやビットコイン市場にとっては追い風だろう。

昨日、110万円までの大幅反発を見せたビットコインだったが、トレンドライン(緑)を上抜けることが出来ずに反落した。

続落した場合は、9000ド付近での攻防。反転上昇した場合は、まずは110万円を抜けられるかどうかが関門となりそうだ。

テザー(finex)裁判をはじめ、米公聴会、10年ぶりの利下げ予想もある米FOMC(連邦公開市場委員会)など、今月末に集中する重要ファンダが警戒されている節もあるが、織り込み済みで反転上昇となるか、さらなる下落で底抜けするかが最大の焦点だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B