米規制当局「ゲーム用トークンは証券にあたらず」、米仮想通貨ゲーム企業に登録なしでの発行を許可

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米規制当局「ゲーム用トークンは証券にあたらず」、米仮想通貨ゲーム企業に登録なしでの発行を許可

米規制当局「ゲーム用トークンは証券にあたらず」、米仮想通貨ゲーム企業に登録なしでの発行を許可

米規制当局「ゲーム用トークンは証券にあたらず」、米仮想通貨ゲーム企業に登録なしでの発行を許可

米証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨ゲーム会社ポケット・オブ・クォーターズ(PoQ社)に対し、ゲーム用トークンは証券に該当しないとの判断を下し、SECに登録することなしに同トークンを発行できるとした。SECが7月25日に発表した

SECでフィンテック関連を扱うフィンハブの首席法律顧問、ジョナサン・イングラム氏は以下のように述べている。

「提示された事実に基づき、当部門はSECに対し、法の強制を推奨しない。PoQ社のトークン『クォーターズ』は証券ではないとするならば、PoQ社は、証券取引法第5条に基づく登録することなくクォーターズを提供および販売し、クォーターズを証券取引法第12条(g)に基づき株式資産として登録することもない」

SECの決定は、PoQ社が最初の要求で提出した様々な条件に基づくとしている。PoQ社は、「クォーターズをゲーマーに対して、ゲームに参加してアクセスや交流するための手段として、消費的な目的にのみ販売すること」などが含まれる。また、同トークン保有者はPoQ社または「承認されたアカウント」とのみ取引が可能で、同アカウントは、顧客情報管理やマネーロンダリング防止策の規定に従う必要がある。

CEOは小学6年生

PoQ社のウェブサイトによれば、同社はPUBGやフォートナイト、CSGOといった人気ゲームのスクリム(チーム対戦)に「素晴らしい賞品」を提供することが目的だとしている。投資家向けページでは、投資家はクオーターズの販売手数料をイーサリアム(ETH)で受けとることになり、スマートコントラクト経由で請求することができると説明している。

現在PoQの共同創業者CEOを務めるのはまだ小学6年生のジョージ・ウィクスナー氏だ。とはいえ、父親のマイケル氏も共同創業者兼CTOを務めている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B