2020年米大統領選候補、初のBTCライトニングによる政治献金募集を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2020年米大統領選候補、初のBTCライトニングによる政治献金募集を開始
 

2020年米大統領選候補、初のBTCライトニングによる政治献金募集を開始

米大統領選候補、BTC政治献金募集を開始
仮想通貨の支持者である候補者Andrew Yang氏は、『Super PAC』を介し、ライトニングネットワークを活用したBTCによる政治献金を募集すると発表した。ライトニングによる政治献金は今回が初事例。

米大統領選候補、BTC政治献金募集を開始

2020年米大統領選候補のAndrew Yang氏は、同氏を支援するSuper PACを介し、ライトニングネットワークを活用し、ビットコイン(BTC)による政治献金を募集すると発表した。BTCライトニングによる政治献金はこれが初事例になると見られる。

Yang氏は、2020年米大統領選候補者の中でも、仮想通貨・デジタルアセットにおける政策立案・規制強化の重要性を出馬表明に掲げていることが特徴だ。

今回、民主党からの大統領候補であるYang氏を支援するSuper PACは、Humanity Forward Fund (Humanity FWD)と呼称されるもので、ビットコインに特化した資金調達プログラムを運営している。そのプログラムは、「21 Days of Bitcoin for the 21st Century」と呼ばれ、今月25日から8月14日までBTC献金を募ると発表されている。

今回のプログラム運営にあたりHumanity FWDは、ビットコイン決済企業OpenNodeと提携を行い、ライトニングネットワークを活用した決済システムを採択している。Humanity FWDだ創業者であるSeth Cohen氏によると、OpenNodeの決済システムを採択することにより、通常のクレジットカード決済では4%の決済手数料を1%に抑えることができ、大幅なコスト削減が可能になるという。

ライトニングネットワークとはBTCおよびライトコイン(LTC)において、オフチェーン上のセカンドレイヤーペイメントプロトコルのことで、同技術を導入することで高速な送金や手数料の削減、少額決済が可能になるという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B