G7財務相・中銀総裁会議、「仮想通貨リブラなどステーブルコインも最高水準の金融規制を満たす必要性」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

G7財務相・中銀総裁会議、「仮想通貨リブラなどステーブルコインも最高水準の金融規制を満たす必要性」
 

G7財務相・中銀総裁会議、「仮想通貨リブラなどステーブルコインも最高水準の金融規制を満たす必要性」

G7 財務大臣・中央銀行総裁会議の議長総括
金融庁が公表したG7財務大臣・中央銀行総裁会議の総括にて、リブラなどのステーブルコインを「金融システムの安定」や「消費者保護」の対策対象として、IMF世銀年次総会までに最終報告を出す方針が示された。

G7、リブラ最高水準の金融規制を求める

7月17日から18日にかけて、フランス・シャンティイで開催されたG7財務大臣・中央銀行総裁会議の議長総括(仮訳)を金融庁が公表したが、特筆すべきは、「ステーブルコイン及びその他の様々な金融商品」が独立した項目として明示されている。

金融セクターにおける技術革新は大きな便益をもたらす可能性があるが、それらはまたリスクも伴うものであるとした上で、以下のように述べている。

リブラのようにグローバルで潜在的にシステミックな足跡を伴う取組みを含め、今後実現する可能性のあるステーブルコイン及びその他の現在開発されている様々な金融商品は、深刻な規制上ないしシステミックな懸念とともに、幅広い政策上の課題を引き起こすことで合意した。

G7の大臣と総裁らは、この「システミックな懸念」において、リブラのようなプロジェクトが国の通貨制度やグローバル準備通貨システムの機能にも影響をもたらし得ることに一致した見解を示した。

そして、ステーブルコインとしての特徴を持つと見られるフェイスブックの仮想通貨リブラを含めた対策の要点として、「ステーブルコインのイニシアティブや運用者には金融システムの安定や消費者保護を脅かすことがないよう、最高水準の金融規制を満たす必要がある」としている。

具体的な検討を行う「G7ステーブルコイン作業部会」は、米時間10月14日に開催される予定のIMF世銀年次総会までに最終報告を出すよう見込まれている格好だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B