ビットコイン前週比9%安、着目すべき乱高下要因まとめ|週刊仮想通貨マガジン 7/20〜7/26

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン前週比9%安、着目すべき乱高下要因まとめ|週刊仮想通貨マガジン 7/20〜7/26
 

ビットコイン前週比9%安、着目すべき乱高下要因まとめ|週刊仮想通貨マガジン 7/20〜7/26

過去1週間の重要ニュース
今週、BTCは大きく反落したのち、1万ドルのラインで揉み合うなど、全体的に高いボラティリティが続いた。BakktのBTC先物テストやマネックスのリブラ協会参加申請など仮想通貨関連企業による動きも多く見られた。

過去1週間の重要ニュース

E:米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催

本記事では、市況に影響のあった過去1週間の重要ニュースをまとめて紹介している。

F:リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む=Q2最新レポート

コインチェックにおける、ビットコイン・アルトコインの週間比較は以下の通り。ビットコイン(BTC)は前週比約9%安、今週は大きく反落したのち、1万ドルのラインで揉み合うなど、全体的に高いボラティリティが続いた。

G:マネックス、フェイスブック主導の「リブラ協会」に参加申請

7/20〜7/26のBTCチャート

取引所Binanceの仮想通貨証拠金取引で、禁止されていた「日本人の利用」を解禁した模様だ。取引に係る同意文に内容の変更が確認された。

これまで、バイナンスのKYCプロセスの過程で、米国・日本などは「対象外国リスト」に入っていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B