マイクロソフトリサーチ、AI(人工知能)と機械学習をイーサリアム(ETH)で分散化する未来を例示

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイクロソフトリサーチ、AI(人工知能)と機械学習をイーサリアム(ETH)で分散化する未来を例示

マイクロソフトリサーチ、AI(人工知能)と機械学習をイーサリアム(ETH)で分散化する未来を例示

イーサリアム(ETH)でAI(人工知能)と機械学習を分散化-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

イーサリアム(ETH)のトランザクション

12日のブログで、マイクロソフトのソフトウェア開発シニアエンジニアのジャスティン・ハリス氏は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトにより、AI(人工知能)と機械学習の設計方法が根本的に変わる可能性があると述べました。

マイクロソフトはAI(人工知能)と機械学習を分散化しようとしているかもしれない。不可変なスマートコントラクトは、データの管理方法に大きな影響を与える可能性がある。インセンティブ構造を設けて、プロダクトの参加と貢献に対してユーザーが報酬を得ることができる。イーサリアムのようなブロックチェーンでは、世界中に数千もの分散ノードがコードを常に利用可能にしており、ダウンタイムの問題を排除します。

ハリス氏によると既存の機械学習アルゴリズムへのアクセスには問題があります。これらのアルゴリズムは一元化されており、トレーニングに独自の高価なデータを使用する傾向があるからです。「AIの分散化の精神」に基づいて、同氏はスマートコントラクトに基づいたパラダイムシフトを以下のように構想しています;

「携帯電話やその他のデバイス上のブラウザやアプリなど既存のテクノロジーを使って、人々は機械学習モデルを簡単かつ低コストで実行できるようになる。」

テストとして、マイクロソフト開発者は映画レビューの感情を(ポジティブかネガティブに)分類できるモデルを設定しました。2019年7月時点、イーサリアム・ブロックチェーンでレビュー評価の更新にかかるコストはわずか0.25ドルでした。

ブロックチェーンには課題もあり、トランザクション速度は大きなボトルネックです。機械学習と人工知能には膨大な計算量を要します。開発者は、トレーニングに効率的なモデルを使用するか、データをオフチェーンで実行する事でこれを回避する方法があります。Chainlink(LINK)のようなサービスを通して、オラクルと統合する手段もあります。

それでもハリス氏は人工知能におけるブロックチェーンの役割の将来について楽観的です。

「ブロックチェーン技術が進歩するにつれて、人と機械学習モデル間のコラボレーションを実現するより多くのアプリケーションが利用可能になると予想している。新しいインセンティブメカニズムと共に、より複雑なモデルとスケーリングにおける将来の研究を期待する。」

イーサリアム(ETH)のエコシステムは急成長しています。Etherscan.ioによると、イーサリアム(ETH)のトランザクションは1日あたり100万トランザクションを超え、過去1年で最高になっています。2018年1月のピーク時には、1日に130万件のトランザクションを数えました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B