ジョン・マカフィー氏「ビットコインは米国政府の圧力で下落したが、1週間で急上昇する」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ジョン・マカフィー氏「ビットコインは米国政府の圧力で下落したが、1週間で急上昇する」

ジョン・マカフィー氏「ビットコインは米国政府の圧力で下落したが、1週間で急上昇する」

ジョン・マカフィー氏がビットコイン相場についてコメント

ビットコイン(BTC)は過去7日間で約1,000ドル下落して約10パーセントの減少となりました。起業家で人気の仮想通貨コメンテーターであるジョン・マカフィー氏は、米国政府がビットコインに圧力をかけたと考えている。それでも彼は価格が1週間後に上昇するだろうと主張します。

8年間の税金未払いが原因で当局に拘束され、4日間の監禁状態から解放されたマカフィー氏は、ツイッターでビットコインに言及した。ビットコインは最近損失が続いていたが、彼は米国の圧力が原因だと考えている。

「ビットコインは米国から圧力を受けており、価格はそれを反映している。しかし、米国には仮想通貨をコントロールするリアルなパワーは無い。見ていろ。今日から1週間後、ビットコインは天高く上昇する。」

調査会社SFOXは、7月11日の米ドナルド・トランプ大統領のビットコインへの言及と、7月16・17日のフェイスブックの仮想通貨Libraの公聴会が、ビットコイン価格に大きく影響したと示唆しました。

ビットコインの価格は、7月10日の12483.97ドルから7月17日の9543.13ドルまで、ほぼ一貫して下がっています。

同期間に、ビットコインのボラティリティは7月10日の89.33%から7月17日の100.30%に上昇しました。2018年3月6日以来初めて、30日間のボラティリティが100%を超えました。

SFOXは、「プライベートなチェーンとLibraに対する政府の警戒感の増加が、パブリックブロックチェーン(ビットコイン)に与える影響を、市場が完全に理解していない事を示唆している。」と説明しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B