リップル社CEOが米国会に声明文「XRPを他の仮想通貨と混同すべきではない」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社CEOが米国会に声明文「XRPを他の仮想通貨と混同すべきではない」
 

リップル社CEOが米国会に声明文「XRPを他の仮想通貨と混同すべきではない」

公聴会を前に、リップル社が国会への声明文
リップル社CEO Brad Garlinghouse氏らは31日の米上院公聴会に向けて、不透明な規制に対する懸念点を伝える声明文を公開した。一括規制が不安視される中、仮想通貨を分類する必要性やリップル社のスタンスを明確に伝えている。

リップル社が国会へ

リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏と、共同創設者であるChris Larsen氏は米国会に向けて、不透明な規制に対する懸念点を伝える声明文を公開した。

2人は国会に対して、技術などの違いをもとにデジタルカレンシーズ(仮想通貨)を分類するように求め、いくつかの声明を述べている。

なお、Garlinghouse氏らは規制が不明確なままであれば、イノベーションや税収入、ブロックチェーンの就業機会などに深刻な影響とリスクをもたらす可能性が高いと指摘した。

この声明は、日本時間31日に予定される上院銀行委員会による仮想通貨規制関連の公聴会に向けたものと見られている。

リブラの公聴会以来、業界では仮想通貨を全面規制する方針に傾倒するのではないかとの懸念も多く見られる。Fortune紙のインタビューでも「仮想通貨XRPは、資金洗浄などの不正利用の心配には及ばない。リブラや他の仮想通貨とは異なって、XRPの送金は規制された金融機関のみで行われている。なおこれらの金融機関はすでにAMLとKYCのコンプライアンスを遵守している。」などと混同すべきではないと言及。

参考記事:https://www.ripple.com/insights/open-letter-to-congress/

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B