仮想通貨取引所SBI VCトレード、SBI証券傘下に移管 板取引は31日予定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所SBI VCトレード、SBI証券傘下に移管 板取引は31日予定

仮想通貨取引所SBI VCトレード、SBI証券傘下に移管 板取引は31日予定

仮想通貨取引所SBI VCトレード、SBI証券傘下に移管 板取引は31日予定

SBIホールディングスは30日、2020年3月期第1四半期(4-6月期)の決算発表会で、金商法の改正を受けて仮想通貨取引所SBI VCトレード(旧SBIヴァーチャル・カレンシーズ)を第2四半期からSBI証券傘下に移管すると発表した

SBI VCトレードは、レバレッジ取引の提供が第1種金融商品取引業に該当する見通しであることを踏まえて、SBIFXトレードとのシナジーを追求する。

また、SBI VCトレードの板取引に関しては、7月31日に予定すると述べた。対象の通貨ペアは、XRP/円、BTC/円、ETH/円だ。

口座開設キャンペーンなどは、ビットポイントジャパンでの新たな不正流出事件の原因究明が進んでいないことなどを踏まえ、秋以降に本格的に開始する。

SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは、デジタルアセット事業が決算に貢献したと強調。仮想通貨の相場が回復してきていることや「生態系がほぼ完成した」ことを理由にあげた。

第1四半期は、SBI VCトレードの税引き前利益は、22億700万円、マイニング事業を行うSBI Cryptoの税引き前利益は8億4400万円だった。

また、Tポイントを使って下記のグループ会社での利用を促進し、若年僧ユーザーの効果的な獲得を目指すことを明らかにした。

またマイニング機器開発も順調に進んでおり、サンプル製造を近々開始すると発表した。

【関連記事:SBI決算|仮想通貨取引所SBIVCの初年度黒字化、リップル社との提携強化、マイニングやSTOの展望を発表

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B