米国防総省、ブロックチェーン基盤のサイバーセキュリティ模索 | DARPAが「ハッキング不可能なコード」を開発中

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国防総省、ブロックチェーン基盤のサイバーセキュリティ模索 | DARPAが「ハッキング不可能なコード」を開発中

米国防総省、ブロックチェーン基盤のサイバーセキュリティ模索 | DARPAが「ハッキング不可能なコード」を開発中

米国防総省、ブロックチェーン基盤のサイバーセキュリティ模索 | DARPAが「ハッキング不可能なコード」を開発中

米国防総省は、デジタル近代化戦略の一環でサイバーセキュリティのためのブロックチェーンソリューションを模索している。同省が7月12日に2019から2023年度までのデジタル近代化戦略のロードマップを公開し、ブロックチェーンのプロジェクトについても言及した

このロードマップによれば、同省の研究部門、国防高等研究計画局(DARPA)は現在、少なくとも2件のサイバーセキュリティに特化したブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいる。DARPAはインターネットの原型となったARPANETや、GPS(全地球測位システム)を開発したことでも有名な研究機関だ。

諜報部員と通信するプラットフォーム

DARPAはまず、新たな通信処理プラットフォームを構築する目的でブロックチェーンでの実験を開始した。このプラットフォームは、軍の部隊と本部との間、もしくは諜報部員と国防総省との通信を想定している。

もう1つは、ブロックチェーン技術を使って「ハッキング不可能なコード」を作成しようとするものだ。

DARPAは今年2月にブロックチェーンワークショップを開催すると発表した際に、政府部門におけるブロックチェーン技術活用の可能性にも触れ、「暗号化とブロックチェーン技術が大きな役割を果たすことで、分散型コンセンサス・プロトコルの技術に革命を巻き起こした。これらの技術は、国防総省を含む重要なデータストレージとコンピューティング・タスクのセキュリティや復元力に多大な影響を与える」と述べていた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B