Tether(テザー)とニューヨーク州検事総長事務所の係争、90日の判断期間を設置

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Tether(テザー)とニューヨーク州検事総長事務所の係争、90日の判断期間を設置

Tether(テザー)とニューヨーク州検事総長事務所の係争、90日の判断期間を設置

Tether(テザー)に90日の判断期間を設置

7月29日にニューヨーク州最高裁判所でiFinex社とその関連会社の聴問会が開かれた。聴聞会は主に、ニューヨーク州検事総長事務所(NYOAG)のBitfinexとTetherに対する規制管轄権の有無に焦点が当てられた。

29日にジョエル・M・コウエン判事は、規制管轄権について最終的な判断を下す前に時間が必要と述べて、暫定差止命の90日間の延長を決めた;

「暫定差止命令を延長する。訴訟を棄却する場合、差止命令はそれに付随する。アイデアは、この動きの決定まで物事は現状のままを保つこととなる。従ってこの決定は現状を延長し、差止命令を拡張することとなる。」

この判断は、仮想通貨取引所BitfinexとTether社が通常通りに事業を継続できる事を意味する。なお、TetherはBitfinexにこれ以上の資金を貸すことはできない。

4月にNYOAGは、ステーブルコイン「テザー(USDT)」の発行体であるTether社に対し暫定差止命令を出した。仮想通貨取引所Bitfinexの送金会社CryptoCapitalの凍結された資金を補填するため、Tetherの準備金からBitfinexに7億ドルの融資を行ったと訴追していた。BitfinexとTetherは、イギリス領ヴァージン諸島で登録されたiFinexが所有しており、経営陣も共有している。

NYOAGはマーティン法の下でiFinexに対する規制管轄権を主張しているが、同社は2018年から米国の顧客にサービスを提供していないとして、その管轄権を否定している。7月にNYOAGはNY住民へのサービス提供を裏付ける資料を提出したが、Tetherも反論する文書を提出した。

聴聞会でBitfinexとTetherの弁護士は、一部の米国の顧客が利用規約を違反しており、ニューヨークのユーザーをプラットフォームから完全に排除するのは非常に難しいと述べた。これに対してNYOAGは、トレーダーによる違反の程度を越えて、同社が取引業者にサービスを提供している事を指摘した。Tether社の幹部がNY州に住み、拠点と口座を設けて州内で事業提携を推進して、ビットコイン、その他の資産をテザー(USDT)と取引するよう営業したと主張した。

コーエン判事は、90日の延長期間後に、別日程でディスカッションを続ける予定だと述べた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B