オタクコイン協会が一般社団法人化 オタクカルチャー×ブロックチェーンに期待

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

オタクコイン協会が一般社団法人化 オタクカルチャー×ブロックチェーンに期待
 

オタクコイン協会が一般社団法人化 オタクカルチャー×ブロックチェーンに期待

オタクコイン協会が一般社団法人化し、活動を推進
オタクコイン協会が一般社団法人を設立した。オタクコインはオタクカルチャーのためのコミュニティ通貨で、アニメなどのコンテンツ分野における仮想通貨等の活用に期待。

オタクコイン協会が一般社団法人化

7月31日に、オタクコイン協会が正式に一般社団法人を設立したことが発表された。

協会の理事には小学館の専務取締役 相賀 信宏氏、アニメ制作スタジオWIT STUDIO創業者兼取締役の中武 哲也氏などが就任する。

現在、プロジェクトロードマップの第一形態として今回の一般社団法人設立のほか、アニメ記事を翻訳すると報酬を受け取れるサービス「Tokyo Honyaku Quest」の実証実験などをスタートさせている。今後はオタク文化のための資金調達プラットフォーム「SPRIT VOTE(仮)」のローンチなどをロードマップに掲げている。

オタクコイン創業メンバー岡本 拓真氏は今回の事業について、このように語った。

アニメ制作スタジオWIT STUDIOは人気テレビアニメ「進撃の巨人」シリーズや、現在放送中のアニメ「ヴィンランド・サガ」などを手がけていることで知られている。また、アニメ「進撃の巨人」
はブロックチェーンを使った公式アートワークのデジタル所有権販売が行われたことでも話題となった。

インターネットではモノの管理、複製などのコストが低く気軽に作品などを発表できる反面、漫画の海賊版サイトなど、インターネット上における著作物の違法な複製、拡散が昨今では問題になっている。その中で、ブロックチェーン技術は著作物の所有権や、本物であるかなどを保証、確認する手段として、アニメや漫画などを含むコンテンツ分野との組み合わせには大きく期待が寄せられている。

また、オタクコインのようなクリエイターとファン、あるいは個人間がより密接に繋がっていく流れは今後加速していくとみられ、その流れの中で、仮想通貨が国境を超える価値の交換手段として使われたり、マイクロペイメントなど、マネタイズを可能にする技術としてのブロックチェーンの活用も今後の進展が期待される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B