[cryptopack id="115"]

ガイアックス、「Libra」を使用したオープンソースソフトウェアの開発を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ガイアックス、「Libra」を使用したオープンソースソフトウェアの開発を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

 

ガイアックス、「Libra」を使用したオープンソースソフトウェアの開発を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/07/31 14:22

ソーシャルサービス事業やインキュベーション事業を展開するガイアックス<3775>は31日、Facebookが6月18日に発表した独自仮想通貨「Libra(リブラ)」を使用したオープンソースソフトウェアの開発を開始したと発表した。

同社は、仮想通貨ビットコイン(BTC)は価格変動が大きく、価値の裏付けがない点がネックとなり、決済手段として広く普及するまでに至っていない一方で、「Libra」はドルやユーロなどと一定比率で交換できるステーブルコインの一種であり、広く普及する可能性があるとしている。

ステーブルコインは、法定通貨を担保することなどにより、仮想通貨の特徴である価格変動の高さを抑え、一定期間、安定した価格を保つように作られている。加えて、非営利団体のLibra協会がLibraの運営管理をすることで、仮想通貨としての信頼性を高めようとしており、「ステーブルコインとしての仮想通貨が実現されれば、決済の利便性が格段に高まるため、広く一般に普及する可能性があると考えている」と述べている。

また、「個人が所有するモノやスキルを他人と共有する「シェアリングエコノミー」が今後より一般的になっていく」との見解を伝えており、「Libraの実用性が高まれば、ブロックチェーンに契約を書き記すスマートコントラクトを活用したアプリケーションの実用化へ向けて前進し、シェアリングエコノミーの発展にも繋がる」と考え、今回の開発に至ったと説明している。

Libraを活用したオープンソースソフトウェアの開発では、同社がアプリケーションのプロトタイプを開発し、そのソースコードを公開。世界中のエンジニアがこのソースコードを自由に利用し、プロトタイプの利用や改良版の開発を重ね、結果、Libraがより早いスピードで使いやすくなっていくという仕組みを構築するとしている。

同開発により、シェアリングエコノミー分野で、社内外から事業アイデアを募集し、事業化を支援する「スタートアップスタジオ」における新しい事業創出や、活用可能な技術の探索を進めるという。また、『「シェアリングエコノミーを支えるブロックチェーン技術」が実現する社会を目指していく』との意向を示している。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3353

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。