歴史的FOMCが予想される中、ビットコイン(BTC)相場の関心高まる|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

歴史的FOMCが予想される中、ビットコイン(BTC)相場の関心高まる|仮想通貨市況
 

歴史的FOMCが予想される中、ビットコイン(BTC)相場の関心高まる|仮想通貨市況


10年ぶりのFOMC利下げで金融市場の歴史的転換点が予想される中、ビットコインはやや反発。海外著名投資家はマクロ的には強気だとしつつ、BTCが9,000ドルを下回る可能性が高まるシナリオに言及した。

歴史的FOMCが予想される中、ビットコイン(BTC)はやや反発

米国時間30〜31日に予定される連邦公開市場委員会(FOMC)にて、米中貿易摩擦や世界経済の減速に伴う「景気下振れリスク」を背景に、0.25%の利下げが予想されている。米国が利下げ局面となれば10年ぶりの出来事とされ、すでに金融緩和を進める他国への影響は不透明だ。

今年6月には金融緩和を示唆したことでゴールド価格が高騰、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場の上昇を後押ししたとの見方もあり、利下げ局面で低金利・通貨安が波及すれば、中・長期ではビットコイン(BTC)にとっても追い風となる可能性はある。

利下げの影響については緒論あるが、ビットコイン(BTC)の歴史において金融市場の大きな転換点になり得ることで、その影響が注視される。

テクニカル分析

海外の著名アナリストが見解

下落局面から警戒され続けていた米公聴会通過やテザー裁判延期の影響もあり、アク抜け感からかビットコイン(BTC)は反発基調にある。

注意しなければならないのは、過去2回にわたり大きく反発している9,000ドルを下抜けた場合で、この場合はロスカット連鎖で下落圧力が加速する可能性が高い。逆に、4h雲での挙動次第ではあるが、セオリー通りの下落を否定して逆行するようなことがあれば、ショートカバーを伴う続伸シナリオに移行するシナリオも考えられる。

海外の著名アナリストJosh Rager氏が見解を語った。

Rager氏は、BTC/USDの4時間足で50SMAで弾かれるシナリオとなった場合、ビットコインが9,000ドルを下回る可能性が高まると説明。しかし、ショートポジションを取るのでなく、マクロ的には強気だとした。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B