「米国がビットコインの禁止を望んでもできない」米国会議員が非中央集権制に言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「米国がビットコインの禁止を望んでもできない」米国会議員が非中央集権制に言及
 

「米国がビットコインの禁止を望んでもできない」米国会議員が非中央集権制に言及

「米国でビットコインを禁止することは現実的に難しい」米議員
米上院議員が公聴会にて、仮想通貨が地域限定の技術ではないため、米政府が禁止しようとしても失敗する結末になる可能性が高く、禁止すべきではないと言及したことがわかった。

米国でBTCを禁止することは現実的に難しい

米上院銀行委員会が開催した仮想通貨規制関連の公聴会にて、Michael Crapo議員は、米国でビットコイン等仮想通貨を禁止を行おうとしても、現実的に難しい事であるとの発言を行なっていることがわかった。

Crapo議員は、政府は非中央集権のブロックチェーン技術を殺すことはできないとした上で、「中国政府でさえ、ビットコインを完全に殺すことはできなかった」との発言を行なった。

Crapo議員は仮想通貨・ブロックチェーン規制分野について、「この新興技術はもちろん莫大なポテンシャルとリスクを持っているが、米国はこの領域の先端に立つべきだ。」と、米国が世界のリーダーとの立ち位置を確立する必要性があることを強調した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B