英高等法院判事、ヴィア―氏に対する自称サトシの名誉毀損訴訟を棄却へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英高等法院判事、ヴィア―氏に対する自称サトシの名誉毀損訴訟を棄却へ

オーストラリア出身コンピューターサイエンティストのクレイグ・ライト氏が本日(8月1日)で誕生2周年を迎えるBCHの後押しをする起業家ロジャー・ヴィア―氏に対して提起していた名誉毀損訴訟が、英高等法院によって今週の初めに棄却されていたことが明らかになった。
 
 
英高等法院判事、「客観的な証拠はない」
 
ソーシャルメディア上で公開したコンテンツでビットコイン考案者「サトシ・ナカモト」であることを主張するライト氏を「詐欺師で嘘つき」と非難したヴィア―氏に対して、ライト氏は訴訟を起こしていた。
 

☞詳しくはこちら!

 
英高等法院の判事マシュー・ニクリン氏によると、イングランドとウェールズはライト氏の「訴訟を審理し、判断する管轄権を有しない」という。

 

抗議されているほとんどの重要な出版物は、米国(が対象)であることを証拠を明確に示している。世界的な出版物において、イングランドとウェールズは約7%に過ぎないのが一般的な根拠だ。

 
また、今回の出版物の「トピック」であるビットコインは「世界的な関心があるもの」であり、イングランドとウェールズにおいてライト氏の評判が損なわれたという「客観的な証拠はない」とニクリン氏は判断したようだ。
 

出版物は間違いなく原告(ライト氏)をターゲットにしているが、話題であるビットコインは世界的に関心があるものだ。実際には、被告(ヴィア―氏)は世界のビットコインコミュニティに対して発言し、英国の限られた区域だけではない。原告は2015年から英国に居住しているが、ターゲティングの問題とはほとんど関係がないことは事実である。

 
 
ライト氏、法令遵守をアピールか
 
ライト氏は先月30日に公開したブログで、イーサリアム創設者ビタリック・ブテリン氏、バイナンス取引所CEOチャンペン・ジャオ氏および前述のヴィア―氏を含める一部の業界人は「疑わしい活動から注意を逸らすために」同氏を攻撃すると主張した。
 

私の理想に反対する人々によって、私は詐欺や犯罪者として描かれている。私の理想は、取引を記録して詐欺を困難にする不変の証拠チェーンを提供することだ。その一方で、無秩序と犯罪を促進する人々がいる…ビットコインが反政府で反銀行である、とサトシとしての投稿で一度も言ったことはない。キャッシュと銀行業務は別物だ。

 
また、ライト氏は「司法制度と法律の範囲内で機能する制度」を求めていることを強調し、「規制枠組み内で活動する」ことが理由で法律違反を促進する人々から「偽者」と呼ばれると述べた。

米国地方裁判所へ偽造文書を証拠として提出していることも報じられているライト氏だが、仮想通貨業界で波紋を広げる同氏の今後の動向に注目だ。
 
 

☞リブラは「興奮するニュース」!?元ブラジル中央銀行総裁が語る

☞元ゴールドマンサックス執行役員:10年-20年の見通しを持つ世代にとって魅力的な資産とは?

☞金融大手ハック、米キャピタル・ワンが個人情報「1億件」を流出か

☞サークル社代表取締役、トレーダー数No.1米国の断片的なクリプト規制に物申す

 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞ついにFRB議長パウエル氏も!?ビットコインは「ゴールドのような投機資産」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B