テザー裁判に進展 NY司法当局がBitfinexの資産証明を要求

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

テザー裁判に進展 NY司法当局がBitfinexの資産証明を要求
 

テザー裁判に進展 NY司法当局がBitfinexの資産証明を要求

NYAGが再び反撃、Bitfinex裁判
Bitfinexらとニューヨーク司法当局NYAGの裁判を巡り、NYAGは新たな書類を提出した。現在の管轄権問題から資金の不正利用疑いに関する書類の開示に発展する可能性がある。

テザー裁判に進展

仮想通貨取引所Bitfinexとテザーの親企業iFinex社とニューヨーク司法当局(NYAG)の裁判で、NYAGがBitfinex側に資産の証明が可能な情報の開示を要求する新たな文書を最高裁に提出していたことがわかった。

5月当時、最高裁はBitfinexが必要最低限となる、NYAGの管轄権限主張に答える書類のみ提出する許可を下したが、NYAGはこの判断の撤回を求め、より詳細な資料の請求が必要だと判断した。

Bitfinexは、テザー(USDT)準備金を不正利用したとNYAGから疑いを持たれ、米ニューヨーク州での営業停止が求められていた。Bitfinex側が全面否定するも、NYAGはBitfinexに対して、財務書類の開示を要求。ニューヨーク州の住民に対し、無登録で営業を行っていた疑いで、現在の裁判に発展した。

今回の裁判の焦点は、NY州における管轄権の有無(裁く権利があるか)にあるが、今回新たな資料の請求が行われたことで、不正利用などに関する疑惑への対応も強いられる可能性も浮上している。(最高裁の判断次第)

BitfinexとiFinex社の両社の支払う裁判費用は、ニューヨーク司法当局(NYAG)に提出する書類にかかるコストだけで、50万ドル(約5400万円)に上ることが取引所側の弁護士がその旨を綴った文書から判明していた。

裁判沙汰の暫定結果は以下の通りだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B