千葉商科大学、みんな電力のNEM活用再エネ電力マッチングを導入

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

千葉商科大学、みんな電力のNEM活用再エネ電力マッチングを導入

(Image: Shutterstock.com)

千葉商科大学は7月31日、みんな電力が提供する再生可能エネルギー由来の電力マッチングサービス「ENECTION」の導入を発表した。同学市川キャンパスで使用する電力を、8月1日以降順次再エネ電力へ切り替えるとのこと。同学は千葉・野田市にソーラー発電所を保有しており、そのFIT電気を中心に、必要に応じて他の再エネ電源も活用する形で、日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指す。

千葉商科大学は2.45MWの出力を誇るメガソーラー野田発電所を中心とした複数の太陽光発電設備により、同学における消費電力量を太陽光発電でカバーできるだけの発電量を有している。ENECTIONを導入することで再エネ電力の割り当てを効率化し、2020年度には電力だけでなく、同学におけるガスを含めたすべての消費エネルギーに相当する発電が目標だという。

みんな電力のENECTIONは、NEMのパブリックブロックチェーンを活用した再エネ電力のマッチングサービス。低コストかつ高精度な電力トレーサビリティを実現する。30分単位での電力マッチングを行い、「どの電源からどれだけ電気を買ったか」の証明が可能だ。

ENECTION導入による再エネ電力供給のイメージ図

今回の取り組みではメガソーラーで発電した電気に、ENECTIONを通じてトラッキング可能な非化石証明書を付与。電力自体は東京電力パワーグリッドへのFIT売電を通じて、みんな電力へ特定卸供給を行う。その電力を同学市川キャンパスへ供給し、証明することが可能になる。天候不順などによる太陽光発電の不足時は、ENECTIONを通じて他の再エネ電源から電力を購入することで再エネ化率100%を実現する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B