東大とマネックスとがブロックチェーンの人材育成 AIをゲームで対決させる競技会を開催

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東大とマネックスとがブロックチェーンの人材育成 AIをゲームで対決させる競技会を開催
 

東大とマネックスとがブロックチェーンの人材育成 AIをゲームで対決させる競技会を開催

東京大学のブロックチェーン教育
東京大学が、ブロックチェーン技術の人材育成を目的に、人口知能(AI)をゲームで対戦させる競技会を開催。マネックスグループ社と連携する「情報経済AIソリューション寄付講座」が主催する。

「ビザンチン帝国の野望」を開催

東京大学は、ブロックチェーン技術の人材育成を目的に、人口知能(AI)をゲームで対戦させる競技会を8月5日に開催する。

イベントの名前は「ビザンチン帝国の野望」。ブロックチェーン技術で発生しやすい障害に対処しながら、ゲームで勝ち残るプログラミング技術を競う。「Pommerman」と呼ばれる、ボンバーマンをモチーフにしたゲームを用い、AIの強化学習の技術が必要となる。

マネックスグループ社と東京大学の連携の目的は、ブロックチェーン分野での人材育成である。2019年2月には、同社は東京大学大学院情報学環への寄付を決定した。AI ソリューションの定量分析に関する研究を進めることで、経済的な付加価値を生み出すことも狙っているようだ。

本講座は、AIとブロックチェーンソリューションを高齢社会・災害・地方創成等へ応用することも研究目的にしており、非常に興味深い。マネックスグループ社は「金融業界にテクノロジーの新しい風を吹かせ、一歩先を行くサービスの提供が可能になることを願っている」と講座の狙いを説明している。

東京大学は7月末に米リップル社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」に参加することが発表された。株式会社クリプタクトも、東京大学と医療画像データの流通システムの実証実験を行うことを7月29日に発表している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B