ビットコイン(BTC)が前週比15%増、11,300ドルをサポートに出来ると強気相場の再開に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)が前週比15%増、11,300ドルをサポートに出来ると強気相場の再開に

ビットコイン(BTC)が前週比15%増、11,300ドルをサポートに出来ると強気相場の再開に

ビットコイン(BTC)が前週比15%増-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

5日午前、ビットコイン(BTC)は1BTC=10,985.03ドル(1,171,026円)、前週比15.6%増で取引されています。トレーダーは、週足(UTC:日本時間-9時間)を11,000ドルで閉じるかどうかに注目しています。

ビットコインは過去7日間で約15%向上しました。アナリストのNick Cote氏によると、ビットコインが「強気」の段階に再び移る可能性があります。そのためには11,100ドルから11,300ドル(1,209,100円)の水準をサポートに変えて、週足を閉じる必要があります。

このレベルを上回って閉じると、前週の損失が打ち消され、強気派は逆方向へと取引を再開できます。

別のトレーダーJosh Ragerによると、5日早朝の11,100ドルから10,800ドルへの300ドルの落ち込みについて、「週末の締め切りに間に合う」ポジティブな調整だと言及しました。

「1時間足の強気のローソク。急落はサポートで反発した。11,000ドル以下でより多くの調整が起こるほど、上方へのブレイクの可能性が高まる。」

トレーダーのCantering Clark氏は、注文フローが密集していることが買い手にとって有利であること、および11,200ドルまでは抵抗ラインがないことを指摘しました。彼は現在の損切ラインを10,100ドル(1,080,700円)と設定しています。

また、現在の短期的なダブルボトムを「アダムとイブ」と指摘するチャーチストもいます。アダムとイブは同水準の2つのテスト、1つの鋭角な下落と1つの緩やかな下落を伴う底打ちのプロセスです。

ビットコインはこれらの底から回復して上昇するかもしれません。著名なアナリストであるJoe McCann氏によると、1日足のビットコイン・チャートで、トレンドを追跡する指標である移動平均収束発散(MACD)が、強気なクロスを示しました。

ビットコインがこのシグナルを示した過去2回、その後2週間と3週間に52%と61%の上昇を示しました。歴史が繰り返される場合、BTCは8月末までに約17,000ドルまで急上昇するかもしれません。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B