ビットコイン(BTC)の初期投資家マックス・カイザー氏「BTCは今週15,000ドルを越える」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)の初期投資家マックス・カイザー氏「BTCは今週15,000ドルを越える」

ビットコイン(BTC)の初期投資家マックス・カイザー氏「BTCは今週15,000ドルを越える」

ビットコインの初期投資家マックス・カイザー氏が価格についてコメント-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

4日、著名なビットコインの初期投資家であるマックス・カイザー(Max Keizer)氏は、中央政府と銀行の問題を背景に、ビットコイン価格が今週中に15,000(1,605,000円)ドル台を突破すると予感しているとツイートした。

「私は、ビットコイン(BTC)が今週15000ドルを超えると感じています。中央政府、中央銀行、そして中央管理されたフィアットマネーへの信頼はここ数十年で最低水準にある。」

Heisenberg Capitalの創設者であるマックス・カイザー氏は、1ドルの価値の時期からビットコインを購入しています。彼はビットコインに対して常に強気で、仮想通貨業界を鼓舞し続けてきました。

楽観的な予測は中央集権的な、政府に裏付けされたフィアットの対抗馬となる、仮想通貨の非中央集権制という利点に基づいています。

ビットコインは第三者者に制御されない最初の価値移送システムです。支持者たちは何年もの間、中央政府に管理されない通貨システムが、安全で安定した供給力があり、金融政策の影響を受けないため、はるかに優れた代替通貨と主張してきました。

米中間の貿易戦争が激化し、英国が欧州地域の経済に混乱を巻き起こすリスクがある合意なきブレクジット(Brexit)に向かってますます加速する中て、エコノミストの間で世界的な景気後退の懸念が広がっています。

BTCを「セーフヘイブン資産」とみるナラティブはまずます強化されています。Binance Researchは最近のツイートで、米国の中国に対する関税が、ビットコイン(BTC)の急騰を引き起こした可能性があると主張しています;

「トランプ大統領の最新の関税嵐の後、セーフヘイブン資産と共にBTCは上昇しました。」

ジェトロによると、トランプ米大統領は8月1日、ツイッターを通じて、3,000億ドル相当の中国原産の輸入品に対して、9月1日から10%の追加関税を賦課すると表明した。ビットコインの価格は同時期に、セーフヘイブン(安全)資産-ゴールド、日本円、米国10年債、スイスフラン-と共に上昇しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B