反転攻勢のビットコイン(BTC)が破竹の快進撃、複数の「上昇要因」を探る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

反転攻勢のビットコイン(BTC)が破竹の快進撃、複数の「上昇要因」を探る
 

反転攻勢のビットコイン(BTC)が破竹の快進撃、複数の「上昇要因」を探る


再び高騰中のビットコイン(BTC)、上昇要因にアジア各国経済不安
つい先日、総悲観の中で一時100万円を割り込んだビットコイン(BTC)市場はわずか1週間で豹変した。米中貿易摩擦の再燃に起因するアジア各国経済不安など、仮想通貨高騰の背景を探る。

再び高騰中のビットコイン(BTC)、上昇要因にアジア各国経済不安

7月29日に総悲観の中で一時100万円を割り込んだビットコイン(BTC)だったが、わずか1週間で完全に風向きが変わった。120万円を再び突破するなど仮想通貨高騰の背景を探る。

中国人民元は、米中貿易摩擦の激化を背景に5日のオフショア市場で過去最安値を記録。韓国市場では、韓国ウォンが2017年1月以来となる1ドル=1200ウォン水準にまで下落した。

これに伴い、中国の管理下に置かれるリスクを嫌気する香港の富豪たちは、あの手この手で保有資産を国外に退避させ始めているとの指摘も多く、仮想通貨ビットコイン(BTC)や香港基盤の仮想通貨取引所Bitfinexが発行するステーブルコイン「テザー(USDT)」もこれに含まれるのではないかと考えられる。

FOMCの利下げなど米国をはじめとする金融緩和路線に対する、ビットコイン(BTC)のリスク資産としての側面に加え、米中貿易摩擦の再燃や英国のEU離脱問題、中東情勢、香港情勢など、地政学的リスクも枚挙にいとまがなく、株式市場に中長期的な先行き不透明感が台頭する中で、ビットコイン(BTC)のオルタナティブ資産としての側面も注目されている。

テクニカル分析

先日のSBI決算発表会では、株式における証券事業の不振が鮮明となる一方、暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するSBI VCトレード、およびマイニング事業を行うSBI Cryptoが、この第1四半期より大きく利益貢献したとし、SBI VCトレードは、第2四半期からSBI証券傘下になることが明かされた。

現在のビットコイン(BTC)は、特に日足、4時間足で極めて強い形状にある。

4日13:00には約4万円幅の下落を見せたが、1h足雲上と75EMA(指数平滑移動平均線)で反発するようにして、下ヒゲを付けて半値戻しの陽線で切り返すなど買い意欲は旺盛だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B