国連安保理報告書「北朝鮮の仮想通貨取引所ハッキング、4年間で最大20億ドル盗難」=朝日新聞

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国連安保理報告書「北朝鮮の仮想通貨取引所ハッキング、4年間で最大20億ドル盗難」=朝日新聞
 

国連安保理報告書「北朝鮮の仮想通貨取引所ハッキング、4年間で最大20億ドル盗難」=朝日新聞


国連「北朝鮮の仮想通貨取引所ハッキング、4年間で最大20億ドル盗難」
国連安保理傘下の対北制裁委員会専門家パネルの未発表中間報告書によれば、北朝鮮は2015年12月から2019年5月にかけて少なくとも17カ国の金融機関や仮想通貨交換所に対し、35回サイバー攻撃を仕掛けていた疑いがある。

国連「北朝鮮の仮想通貨取引所ハッキング、4年間で最大20億ドル盗難」

国連安全保障理事会傘下の「対北制裁委員会専門家パネル」が作成した、142ページからなる未発表の中間報告書内容について朝日新聞が報じた。

報告書では、「北朝鮮は2015年12月から2019年5月にかけて、少なくとも17カ国の金融機関や仮想通貨交換所に対し、35回に渡ってサイバー攻撃を仕掛けていた疑いがある」と指摘した。

公開された報告書によると、北朝鮮の偵察総局は、2017年1月から2018年9月まで、韓国や日本など東アジアの仮想通貨取引所を5回ハッキングして計5.71億ドル(約600億円)を盗難、2018年1月に国内最大手仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の巨額の通貨が不正流出した事件も含まれており、不正手段で外貨獲得を狙う国家ぐるみの犯罪が示唆されていた。

北朝鮮の保有外貨減少観測も

北朝鮮の金正恩氏は6月30日、G20のために米トランプ大統領と、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)である「板門店」で面会。歴代米大統領で初めて北朝鮮の領土に足を踏み入れるなど、歴史に意義のある面会を果たした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B