イーサリアム活用の新作カードゲーム「コントラクトサーヴァント」8月8日12時よりオープンβテスト開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム活用の新作カードゲーム「コントラクトサーヴァント」8月8日12時よりオープンβテスト開始

アクセルマークは8月8日12時より、新作ブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント」のオープンβテストを実施する。14日11時59分まで実施し、誰でも参加可能だ。期間中は本来有料のカードも無料開放されるが、テスト終了後にプレイデータは削除される。ゲームはWebブラウザ上で動作し、利用にはMetaMaskを導入したGoogle Chromeなど、Web3対応のブラウザが必要となる。広い画面領域を必要するため、PCでの利用が推奨されている。

「コントラクトサーヴァント」は1対1の自動戦闘で勝敗を決める対戦型カードゲーム。プレイヤーはカード8枚を5×3マスの盤面に配置し、デッキを構築する。対戦相手のカード配置を予測して自軍の攻撃範囲を重ねるなど、戦略的要素の検討が必要となる。カードは攻撃役や回復役といった役割を持ち、それぞれ攻撃力や防御力をはじめとした16もの要素で構成されている。

対戦画面のイメージ図(コントラクトサーヴァント 公式サイトより引用)

「コントラクトサーヴァント」で用いるカードはEthereumのスマートコントラクト規格の1つ、ERC-721を利用したトークンである。トークンそれぞれに固有の性質や希少性を持つことが可能であり、同じカードでも性能にわずかな違いが生じる。たとえば500円でカードを1枚購入したとして、そのカードが最高の個体値を持っていたら、より高い値段で他のプレイヤーへ売ることも可能だ。

オープンβテストでは、戦績に応じて限定カードが賞品となるランキングイベントを開催する。また、対戦の様子を録画し、Twitterに動画を投稿したユーザーに仮想通貨Ethereum(ETH)をプレゼントするキャンペーンも開催する。投稿者の中から抽選で30名に0.1ETH(2400円相当)を送るほか、運営チームの判断によりテーマごとの優秀作品には0.3ETH(7300円相当)が送られる。

近年広く普及したデジタルカードゲームは、その多くが順繰りにカードを場に出していくプレイの楽しさに重きを置いたものである。その観点からすると、本作は一線を画したゲーム性を持つ。一般的な対戦型カードゲームというよりもシミュレーション寄りの作品であり、ゲームの楽しみ方としては、部分的には麻雀に近いものになるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B