ビットコイン(BTC)の「買い需要」急増理由、過去のチャイナショックに隠されたヒント

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)の「買い需要」急増理由、過去のチャイナショックに隠されたヒント
 

ビットコイン(BTC)の「買い需要」急増理由、過去のチャイナショックに隠されたヒント

仮想通貨市況
仮想通貨・ビットコイン(BTC)市場が大きく上昇した理由に上がる中国元安の資産逃避需要。過去の事例から再現性とその需要の理由を分析。

仮想通貨市況

6日の仮想通貨市場には、引き続き”追い風”が吹きそうだ。ビットコイン市場では一時127万円まで続伸し、前日比10%高に。今回の上昇相場は一部のアルトコインも連れ高する形で全面高をもたらした。

中国政府は人民元安水準を容認するとともに、国有企業に米国産の農産物輸入の停止を要請、トランプ大統領が「為替操作」として非難、米金融当局に対し中国への対抗措置として継続的な金融緩和を要求した。米財務省は中国を通貨を意図的に安く誘導する「為替操作国」に認定したことを受け、米中貿易摩擦が深刻化したことで大幅下落となった。

米国市場でも、ダウやS&P500などで2ヶ月前水準まで下落。NY為替市場でもドル円が一時106円を割り込むなどドル売りが急加速。米中貿易摩擦の深刻化や通貨戦争の警戒感が高まっている。米中貿易摩擦激化懸念の再燃を受け、米利下げ幅の見通しも広がった。

ビットコイン、国家的有事リスクに対する買い

ビットコインは逃避資産として機能するか

今月はじめのトランプ米大統領による重要発言「中国製品3000億ドル相当に関税を課す」から再加速した今回の流れにおいて、ビットコインは通貨安や株安の状況下で短期下落トレンドから脱却して上昇基調に転じた。

過去にもビットコインが国家的有事に伴う安全資産として買われた動きには、2013年のキプロス金融危機を含め5回ほど同様の動きがあったという。また、その過去事例の中には、16年の人民元不安といった事例が含まれている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B