弱気パターンが崩壊 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

弱気パターンが崩壊 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

弱気パターンが崩壊 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

弱気パターンが崩壊 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコインは3日、2つの移動平均線を突破した。現在は、下降トレンド線の上で価格を維持しようとしている。もし成功すれば、高値での需要を確認し、1万3156.96ドルを目指すことになる。その上は、今年最高値の1万3973.50ドルだ。

もし今年最高値を突破すれば、その上のターゲットは1万7208.84ドルだ。その後は過去最高値が待っている。

BTC/USD

(出典:TradingView

BTCは、下降型トライアングルを形成していたが、下降トレンド線を超えた水準でUTC時間で取引を終えたことで、無効になった。弱気パターンの崩壊は、強気サインだ。ショート筋によるポジションの損切り、ショートスクイズが起きることになる。

2つの移動平均線は上昇気味でRSI(相対力指数)はポジティブな領域にある。強気派が優勢だ。

下降局面では、2つの移動平均線がサポートになるだろう。下回れば、弱気派が優勢になる。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は20日間EMA(青色)を突破し、直近のレジスタンスである235.7ドルに到達した。このレジスタンスを突破してUTC時間で取引を終えれば、上昇トレンド再開となり、320.84ドルを目指すかもしれない。

ETH/USD

(出典:TradingView

50日間SMA(赤色)で売り圧力に晒されるかもしれない。しかし、若干の調整と保合いの後、突破すると我々はみている。20日間EMA(青色)は横ばいでRSIは50を超えている。弱気派の勢いが衰えている。

対照的に、もし235.7ドルから下落し、アップトレンド線を下回れば、弱さを示すことになる。もし192.945ドルを下回れば、下落トレンド突入だ。

XRP/USD

XRPは、最初のハードルを突破した。20日間EMAを突破し、50日間SMAを目指している。0.34229ドルでレジスタンスに直面するかもしれない。その上では、勢いをつけることになるだろう。20日間EMAは横ばいで、RSIは50より下だ。売り圧力が弱まったようだ。

XRP/USD

(出典:TradingView

トレーダーは、0.34229ドルより上の水準でUTC時間で取引を終えたら、ロングポジションをはじめても良いだろう。ストップロスは0.2750ドルだ。目標価格は、0.45ドルだ。

もし0.34229ドルか50日間SMAに跳ね返されて重要なサポートである0.27795ドルを下回れば、我々の強気な見方は無効になる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

市場データは、HitBTCから提供されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B