米FRB、主要銀行間のリアルタイム決済サービスを2024年までに提供予定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米FRB、主要銀行間のリアルタイム決済サービスを2024年までに提供予定

(Image: Shutterstock.com)

米国の連邦準備制度理事会(FRB)は8月5日、年中無休で利用可能なリアルタイム決済サービス「FedNow」の開発を発表した。個人対個人の支払いや、企業対個人の支払い用に設計され、2万5000ドル以下の決済にのみ対応する。2023年から2024年に提供開始予定とのこと。

FedNowは年中無休で利用可能であるものの、金融サービスとして日ごとの開始・終了時刻は定義され、それに基づいて曜日ごとの残高も記録される。サービスの直接の利用者は、FRB下の連邦準備銀行と取引する金融機関らであり、エンドユーザーはそれらの金融機関のサービスを通じて、銀行間のリアルタイム決済の恩恵を受けることができる。

FedNowは連邦準備銀行の口座残高の調整により、加盟銀行間の決済を実現する。連邦準備銀行で口座開設の資格を持つ、加盟銀行が利用できるサービスとなる。

加盟銀行は連邦準備銀行の口座から支払いを送信する形でエンドユーザーが指示した支払いを実行。別の加盟銀行の口座へエンドユーザーの支払いを入金する。発信側と受信側の加盟銀行はそれぞれリアルタイム決済に必要なエンドユーザー情報を保持し、やり取りの中で情報を交換するという仕組みを持つという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B