IBM、サプライチェーン管理ブロックチェーンネットワークを公開 | 大手ビールメーカーや製薬企業などが参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IBM、サプライチェーン管理ブロックチェーンネットワークを公開 | 大手ビールメーカーや製薬企業などが参加

IBM、サプライチェーン管理ブロックチェーンネットワークを公開 | 大手ビールメーカーや製薬企業などが参加

IBM、サプライチェーン管理ブロックチェーンネットワークを公開 | 大手ビールメーカーや製薬企業などが参加

IBMとブロックチェーン企業のチェーンヤードは、サプライチェーン管理に向けた新たなブロックチェーンネットワークの公開を発表した。8月5日にプレスリリースで発表した。このプラットフォームには「バドワイザー」で知られるビール大手アンハイザー・ブッシュ インベヴや製薬大手のグラクソ・スミスクラインなど大手企業が参加する。

同プラットフォームは「トラスト・ユア・サプライヤー」ネットワークと呼ばれ、IBMのブロックチェーンプラットフォーム上に構築されている。時間がかかる手作業を削除し、詐欺やエラーのリスクを軽減する狙いがある。

IBMの他、ビール大手のアンハイザー・ブッシュ インベヴやテック企業のシスコレノボノキア、重電大手のシュナイダーエレクトリック、英製薬企業のグラクソ・スミスクライン、携帯大手のボーダフォンが初期メンバーとなる。

プレスリリースによると、同ネットワーク上でサプライヤーの確認用にデジタルパスポートが生成され、サプライヤーらは選択したバイヤーらとネットワーク上で情報を共有できる。新たなサプライヤーの適正や承認、管理作業における時間とコストを削減できるとしている。レノボのデータセンターグループのチーフサプライチェーンオフィサーは以下のように述べている。

「ブロックチェーンは、未来に向け、サプライヤーネットワークの運用や管理方法を完全に変える能力がある。トラスト・ユア・サプライヤーを通じて、バイヤーもサプライヤーも、コスト、複雑さ、速度においてブロックチェーンの恩恵を目にするだろう」

IBMは、エンタープライズ向けのブロックチェーンソリューションを積極的に展開している。米小売大手ウォルマートなどと開発した食品を追跡する「フードトラスト」や、物流大手のマースクと開発した国際貿易プラットフォーム「トレードレンズ」などを手掛けている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B