バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」ハック疑惑に対応、データの矛盾点を指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」ハック疑惑に対応、データの矛盾点を指摘

バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」ハック疑惑に対応、データの矛盾点を指摘

バイナンス、顧客確認(KYC)データ漏洩についての脅迫を報告、データの矛盾を指摘-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

仮想通貨取引所バイナンスは、ユーザーの顧客確認(KYC)認証データの流出疑惑について、速報を出した。

バイナンスによると、同社は最近、何者かに脅迫を受けてきた。脅迫者はバイナンス・ユーザーの KYCデータと主張された約10,000枚の写真と引き換えに、300 BTC(約3.5億円)の支払いを要求したという。バイナンスがこれを拒むと、脅迫者はテレグラムなどのSNSに公開し、ニュースメディアに情報を売ったと見られている。

脅迫者は証拠の提出を拒否していたため、バイナンスは法執行機関に連絡した上で顧客画像の正当性と関連性について現在調査している。脅迫者はまた、複数の取引所のKYC情報も保有していると主張したという。

同社は脅迫者を特定し、法的措置を通じて個人を追跡するための情報提供者に最大25 BTCの懸賞金を設けた。

バイナンスによると、脅迫者のKYC画像には主に2つの矛盾がある。1つは、システム上で刻印される電子透かしが画像含まれていない事。もう一つは、公開された画像のほとんどが「2018年2月頃」の日付が付けられている点だ。そのためこれらは、過去のニュースで使われたデータであると考えられている。

今年1月にDecryptoMediaは、2018年にダークウェブ上に流布されたKYC画像がフィッシング攻撃によって収集された物と確認して、「仮想通貨取引所のシステムは侵入されていない」と報じた。

なお、2018年2月の時点でバイナンスは、大量のKYC認証リクエストに対応するために外部のサービスプロバイダーと協業していた。そのため詳細について改めてサービスプロバイダーと調査していると付け加えた。

バイナンスのジャオ・チャンポンCEOは、本件に関係するかのようななりすましや、資金の引き出しを要求する詐欺師に注意を喚起している。問題の画像が流布されたSNSへの参加も控えるよう忠告した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B