ビットコイン市場占有率上昇、「宝くじのような」アルトコインとは?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン市場占有率上昇、「宝くじのような」アルトコインとは?

仮想通貨は「無価値」と全面否定することで知られるロゴフ氏だが、「現時点では考えられない理由で莫大な価値になる非常に小さなチャンス」があるとも述べていた。

実際にも、ロゴフ氏が述べたように詐欺が多く、投機色が強く、またリスクも非常に高い仮想通貨投資だが、一攫千金を実現した人も少なからずいると言えるだろう。

例えば、仮想通貨の取引量で世界トップのバイナンス取引所が発行した「バイナンスコイン(ティッカー:BNB)」の価格は、ICO時の0.15ドルから(執筆時点で)27.91ドルまで上昇した。

しかし、最近では法的な位置付けが依存として多くの国々で定かでないアルトコインへの投資に対する不安が募っている。

例えば、著名取引所が米国ユーザーへのサービスを制限することから一部の専門家からアルトコイン冬の到来が示唆されていたり、またアルトコインが普遍的に上昇することに対して批判的な声も挙がった。

アルトコインに対する不安は市場にも如実に反映されており、時価総額ランキングトップ10にランクインしている多くのアルトコインのBTCに対する直近1ヵ月のパフォーマンスは、次のようになっている。
 

 
このようにブルーチップアルトのパフォーマンスが決して望ましくない中、時価総額の小さいアルトコインで今年唯一無二の上昇を見せている銘柄が存在する。

BTC市場占有率が高まっている2019年の仮想通貨市場で、「Egretia (ティッカー:EGT)」はビットコインに対してYTD(2019年1月1日-現時点)で5,000%以上の上昇を見せた。
 

 
シンガポールに登録されたEgretia財団の支援を受ける同プロジェクトは、公式サイトによると「世界初のHTML5ブロックチェーンエンジンとプラットフォーム」の構築を目指すという。

LINKやLEOなどの著名アルトコインを大きく上回るパフォーマンスを今年見せたEGTだが、世界中から注目を浴びるような報道は一切されていない。

また、特筆すべき点としては、EGT取引量の90%以上を占めるOKEx取引所は、同取引所全体の取引量90%以上を偽っていることがかねてより報道されている。

尚、現在のEGT価格は今年7月5日の最高値から約47%減少した0.052ドルだ。

 
 

☞LTCブロック報酬半減が無事に完了へ、「デジタルシルバー」の次のステップは?

☞FRB議長が「真剣に検討」、米中央銀行による「より迅速な決済システム」の可能性

☞The Blockリサーチ:ICOプロジェクトのイーサリアム保有率は「減少傾向」にあり

☞銀行サービスへ再チャレンジ!?米小売大手ウォルマートによる新企業コイン誕生か
 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞ついにFRB議長パウエル氏も!?ビットコインは「ゴールドのような投機資産」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B