ベンチャーキャピタル幹部、EtherDeltaトークン(EDT)の出口詐欺に関する中国警察の動向を警告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ベンチャーキャピタル幹部、EtherDeltaトークン(EDT)の出口詐欺に関する中国警察の動向を警告

ベンチャーキャピタル幹部、EtherDeltaトークン(EDT)の出口詐欺に関する中国警察の動向を警告

ベンチャーキャピタル幹部、EtherDeltaトークン(EDT)の出口詐欺に関する中国警察の動向を警告-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

取引所の譲渡契約書

分散型取引所EtherDelta(イーサデルタ)が詐欺に利用され、中国で当局が正式に法的措置を講じている。2017年に所有権が移行して以来、EtherDeltaの現在の所有者は中国人となっている。7日にツイッターで、プリミティブベンチャーズの創設パートナーDovey Wan氏が海外メディア向けに伝えた。

EtherDeltaの創設者ザック・コバーンはイーサデルタを中国人グループに売却した。その後、グループは「イーサデルタ・トークン(EDT)」を発行し、資金を調達した後に逃亡する「出口詐欺」を働いたと見られている。分散型取引所は資産を預からない設計だが、ICOの支払いプラットフォームとしてEtherDeltaが使われた。

EDTトークンの被害に遭った投資家が中国の警察に通報しており、この事件は2018年10月に正式な調査プロセスに移った模様。警察は、中国バイヤーとザック間の取引所の譲渡契約書を入手しており、中国バイヤーの個人情報を突き止めている様だ。

ワン氏によると、中国警察は仮想通貨詐欺の被害総額が大きい場合に、徹底的に追跡する傾向がある。以前に、別の中国系の詐欺トークン「PlusToken」の設立チームは、中国ではなくバヌアツで逮捕されている。

EtherDeltaのツイッターは2018年8月以来更新されていない。インターネット上の書き込みによると、EDTの発行量は7億5000万枚。トークンセールの計画は2017年末に発表され、おそらく2018年1・2月に、ETH/EDT:1/8500のレートで実施された。仮にイーサリアム(ETH)の価格を1枚あたり5万円と見積もって、EDTは完売したと仮定すると40億円近くを集めた事になる。

昨年10月、SEC(米国証券取引委員会)は、EtherDelta(イーサデルタ)の創設者ザック・コバーン氏を、未登録の証券取引所を運営している疑いで告発した。SECの文書によると、同氏がEtherDeltaに関与したのは2016年7月12日から2017年12月17日の間です。

コバーン氏は容疑を否定したが、規制当局に協力し、罰金を支払う事で合意。不正利得の返還で300,000ドル、審理前利息で13,000ドル、罰金75,000ドルを支払った。この件は、分散型ネットワークでオペレーションされているスマートコントラクトの作成者が、将来の責任や法的義務を免れる訳では無い事例として注目を集めた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B