マスターカード、ファッションブランドの偽物防止にブロックチェーン追跡システムを導入

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マスターカード、ファッションブランドの偽物防止にブロックチェーン追跡システムを導入

(Image: Emagnetic / Shutterstock.com)

マスターカードは、アパレルブランドやデザイナー、消費者をコピーや偽ブランドから守るため、人気セレクトショップと協力し、ブロックチェーンを活用した流通トレーサビリティシステムを導入した。

マスターカードは女性に人気のセレクトショップのフレッド・シーガル(Fred Segal Sunset)、などと提携。最初の取り組みとして、アメリカのファッションブランドであるロダルテ(Rodarte)と、画家のマリ・イーストマン(Mari Eastman)がコラボした限定コレクションの生産・流通ステップを、マスターカードのブロックチェーントレーサビリティプラットフォームで可視化した。

フレッド・シーガルの店頭、オンラインショップでロダルテのコラボ商品を購入した消費者は、衣類のタグにあるQRコードをスキャンして、商品の生産・流通記録を追跡できる。

マスターカードのデジタルパートナーシップ担当エグゼクティブバイスプレジデントのシェリ・ヘイモンド(Sherri Haymond)氏は、「革新的な技術ソリューションを活用して、消費者が購入している商品のストーリーを伝えることができる」とコメント。フレッド・シーガルのジョン・フリエソン(John Frierson)社長は、「フレッド・シーガルは先進的な小売業者として、最先端の技術で顧客に情報を知らせることを目指しています」と述べた。

市場調査会社Research & Marketsが発行した「Global Brand Counterfeiting Report 2018」によると、2017年のコピーや偽造、詐欺による損失はオンライン販売で3320億ドル(約35兆円)に達し、高級ブランドは303億ドル(約3兆2000億円)の損失を被った。

流通しているロダルテブランドのコピー品。RodarteではなくRADARTEとプリントされている(プレスリリースより引用)

マスターカードは今後、他のアパレルブランドや小売業者にもこのトレーサビリティープラットフォームの提供を計画している。

マスターカードは現在、自社サイトで暗号通貨やウォレットのエンジニアを募集しており、同分野への取り組みの強化がうかがえる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B