急騰していたビットコイン(BTC)に急転直下のナイアガラが発生、その背景は?|仮想通貨昼市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

急騰していたビットコイン(BTC)に急転直下のナイアガラが発生、その背景は?|仮想通貨昼市況
 

急騰していたビットコイン(BTC)に急転直下のナイアガラが発生、その背景は?|仮想通貨昼市況

ビットコイン(BTC)ナイアガラの背景
約3週間ぶりの130万円台に到達するなど上昇局面にあったビットコイン(BTC)が昨晩から急反落、一時10万円幅以上の下落を見せた。国際金融市場の最新動向を踏まえ再び「買い」も観測される中、2つの観点から急落要因を独自分析。

ビットコイン(BTC)ナイアガラの背景

ビットコイン(BTC)は、12,000ドル(127.5万円)を超え、その勢いで130万円まで急騰するも、日本時間19:00頃より急反落。昼以降の急騰分を打ち消した。株式市場では、株価が突然、滝のごとく急に暴落し始める事を揶揄して”ナイアガラの滝”と呼ばれることもある。

123万円台で一旦下げ止まり反発するも、日本時間6:00〜7:00頃に一段安となり、一時120万円を割り込んだ。

1つめは、国際金融市場で懸念されていた”チャイナショック”の再来懸念が後退したことだ。

米国が為替操作国に指定したように、5日に2008年5月以来、11年ぶりの安値となる「1ドル=7.0元」の節目を突破した中国元安が契機となり、同国の資金流出と為替市場での円高を加速させた。

テクニカル分析

これについて野村総研、木内エグゼクティブエコノミストは、テレビ番組で「貿易戦争から通貨戦争へステージが移ってきた。中国の最終手段としては、米国債を売ることが挙げられる。そこまで行くと、世界経済が打撃を受ける。」との見解を述べ、最悪なケースとして懸念を示した。

中国の金融当局が人民元の急落を抑制する姿勢を示し、米政権の対話を模索する動きが伝わるとともに、リスクオフムードが緩和され、米中貿易摩擦の悪化による世界同時株安で下げ過ぎた分、米NYダウが6営業日ぶりに反発し、前日比311ドル高の2万6029ドルで取引を終えるなど、株式市場はリバウンドを見せた。

2つめの理由は、テクニカル的な観点だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B