連邦準備銀行(FRB)、リアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

連邦準備銀行(FRB)、リアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表

連邦準備銀行(FRB)、リアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表

FRBがリアルタイム決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ネットワークごとの銀行間の年間支払い量

連邦準備銀行(FRB)は、2023年または2024年にローンチ予定とする24時間リアルタイムな支払い・決済サービス「FedNow ServiceSM」の開発計画を発表しました。民間部門に匹敵する即時決済を提供するため、インフラのアップグレードを検討します。

FRBは現在、サービスの提供方法に関するパブリックコメントを求めている。FRBは2018年に迅速な決済サービスに関するパブリックコメントを要求し、回答者の90%以上が24時間年中無休の支払い・決済サービスに関心を示していた。

FRBのジェローム・パウエル議長は、新たなネットワークが個人や企業の即時取引をサポートし、現行のインフラでは対応していない24時間アクセスを提供すると述べています。

FRBのネットワークは、シティグループやJPモルガンなどの民間銀行が立ち上げたネットワークと並行で利用されている。そのため、民間ネットワークへの接続よりも公的ネットワークを優先させるために、民間の金融機関の支払・決済を遅らせるとも指摘されています。

連邦準備制度理事会のラエル・ブレイナード理事は、インフラの拡張は、アクセスの拡大を目的としていると述べた。

「連邦準備制度は、将来のリアルタイム決済サービスであるFedNow ServiceSMを開発します。そこでは、誰もが即座に安全な支払いを行う能力にアクセスでき、すべての銀行がそのサービスをコミュニティに提供する機会を得ます。FedNowは、全国のあらゆるコミュニティのあらゆる規模の銀行が、顧客にリアルタイムな支払いを行うことを可能にします。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B