『世界的な通貨危機が懸念される中、ビットコイン(BTC)に可能性』米GS出身の金融専門家が指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『世界的な通貨危機が懸念される中、ビットコイン(BTC)に可能性』米GS出身の金融専門家が指摘
 

『世界的な通貨危機が懸念される中、ビットコイン(BTC)に可能性』米GS出身の金融専門家が指摘

世界的な通貨危機の可能性を危惧
ゴールドマンサックス出身の専門家が、強い米ドルの存在が世界的な通貨危機を招く可能性を指摘。その上で、新たな代替資産として、仮想通貨ビットコイン(BTC)に可能性を感じた理由を明かした。

安全資産としてのビットコイン

リサーリ企業Global Macro InvestorのCEOで、投資戦略家でもあるRaoul Pal氏が、世界的に経済の先行きが危ぶまれる中で、ビットコインは新たな市場としての可能性を感じたと語った。Twitter上で展開されたスレッドでの一幕だ。

Pal氏は、米大手銀行ゴールドマンサックスでヘッジファンドセールスマネジャーを務めたことがある人物で、英国BBCの投資番組で、投資やリスクについて教育を担当した経験を持つ金融の専門家だ

Pal氏は、長期レンジのチャートを元に、金融市場にリスクのある”大きな出来事”が迫っていると説明し、自身も警戒していると警鐘を鳴らした。30年のキャリアの中で、外国為替市場が最も重要なポイントにあると説明。強い米ドルの存在が、世界的な通貨危機を招く可能性があると見ているという。

年金問題は、年金受給者となる高齢者の割合が、少子高齢化のあおりを受け増加、積立された年金原資の運用利回りなども影響して、公的年金の運用状況が危ぶまれている問題だ。

世界経済が先行き不透明な状況にある中、ビットコインの価格が影響を受けずに上昇傾向にあることで、市場のポテンシャルを感じたとした。ある物(=原資産)を買う権利を取引する「コール・オプション」に似ていると持論も示し、ビットコインの値動きが非常に大きく、新たな市場としての可能性も急上昇したと説明している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B