中国の警察当局が分散型取引所イーサデルタを捜査か? 昨年11月に米SECが創業者を起訴

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国の警察当局が分散型取引所イーサデルタを捜査か? 昨年11月に米SECが創業者を起訴

中国の警察当局が分散型取引所イーサデルタを捜査か? 昨年11月に米SECが創業者を起訴

中国の警察当局が分散型取引所イーサデルタを捜査か? 昨年11月に米SECが創業者を起訴

中国の警察当局が、分散型取引プラットフォームであるイーサデルタを調査しているとの情報が浮上している。イーサデルタを巡っては、米証券取引委員会(SEC)が昨年11月、米証券法違反で創業者のザック・コバーン氏を起訴している

今回の中国の警察当局の捜査の情報は、仮想通貨投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるドビー・ワン氏が7日に一連のツイートで明らかにしているものだ。

同氏のツイートは、次のようにイーサデルタを巡る状況を説明している。

「イーサデルタの実際の受益者は、2017年に所有権が移行した後、すべて中国人だ。〔中略〕基本的に〔創業者である〕ザック・コバーンは、イーサデルタを中国人グループに売却した。この中国人グループはEDTトークンを発行したが、出口詐欺であることが明らかになった」

出口詐欺とはお金を集めた上で、それを持ち逃げしたということだ。ワン氏は、地元の投資家が猛抗議したことで、中国の警察当局が捜査していると述べている。ワン氏はツイッターで18年9月時点の地元警察当局の文書や、17年12月付の契約書とみられる文書を掲載している。

イーサデルタは昨年11月、米SECが証券法違反で創業者を起訴した。SECによると、イーサデルタは当局による許可がないまま運営。過去18ヶ月間、SECが証券とみなしたDAOなどのERC20トークンを届け出のないまま取引していた。

コバーン氏は、SECに協力することに同意。被害者救済のための原資として30万ドル(約3420万円)、判決前利息1万3000ドル(約148万円)と罰金7万5000ドル(約855万円)の支払いにも同意した。

編集・翻訳 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B