強気なクロスオーバー間近 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

強気なクロスオーバー間近 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

強気なクロスオーバー間近 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

強気なクロスオーバー間近 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコインは6日、下降トレンド線を超えて推移したが、高値を維持することはできなかった。1万2000ドルで上値が重くなっている。

BTC/USD

(出典:TradingView

もし下降トレンド線を下回ったら、8月5日の上昇はブルトラップ(強気派の罠)だったことになる。2つの移動平均線を下回れば、上昇トレンドはさらに弱くなるだろう。

対照的に下降トレンド線を上回る水準で価格を維持できれば、ポジティブだ。2つの移動平均線は強気なクロスオーバー間近だ。RSI(相対力指数)はポジティブなゾーンにあり、短期では強気派に勢いがある。

上昇局面における最初のターゲットは、1万3156.96ドルだ。その上は今年最高値の1万3973.5ドル、さらにFOMO(取り残されることへの恐怖)が発動すれば、1万7208.84ドルまで急上昇するかもしれない。

 ETH/USD

イーサリアム(ETH)は過去2日間235.70ドルより上の水準で耐えられなかった。ただ、20日間EMA(青色)は超えており、強気サインだ。デジタル通貨は上昇トレンド線より上の水準でトレードしており、我々は強気ままだ。

ETH/USD

(出典:TradingView

もし強気派が235.70ドルを超えたら、上昇トレンドが再開するかもしれない。50日間SMA(赤色)がレジスタンスになるかもしれないが、我々は突破するとみている。

しかし、もし20日間EMA(青色)を下回ったら、上昇トレンド線に再び迫ることになるだろう。この水準を下回れば、上昇トレンドが終わる危険性が出てくる。192.945ドルを下回れば、下降トレンドがスタートするだろう。

XRP/USD

XRPは5日に20日間EMA(青色)を超えた。しかし、それより上の水準でUTC時間で取引を終えることができなかった。高値での売り圧力があるのだろう。弱気派は、直近のサポートより下に価格を鎮めようとしている。そうなれば0.27795ドルに再び迫ることになる。

XRP/USD

(出典:TradingView

去年の12月中旬以降、0.27795ドルを下回らなかった。それゆえ、我々は強気派によってこの水準が守られると考えている。上昇局面では、0.34229ドルを超えて維持したら、強さを示すことになるだろう。

しかし、もし0.27795ドルのサポートが崩れたら、新たな下落トレンドがはじまるだろう。その際、0.19ドルまで下がるかもしれない。2つの移動平均線は下落傾向にあり、RSI(相対力指数)はネガティブだ。弱気派に勢いがある。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B