「中国政府の独自仮想通貨発行は世界戦略の一環」政府の態度軟化をCircle社CEOが指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「中国政府の独自仮想通貨発行は世界戦略の一環」政府の態度軟化をCircle社CEOが指摘
 

「中国政府の独自仮想通貨発行は世界戦略の一環」政府の態度軟化をCircle社CEOが指摘

中国政府が仮想通貨への態度を軟化?
米Circle社CEOが、米中貿易摩擦が激化する中で、仮想通貨に態度を軟化させる中国政府の動向を解説。独自通貨発行も世界戦略の一環と見ている。

中国政府と仮想通貨

米仮想通貨大手Circle社CEOのJeremy Allaire氏は、米メディアCNBCに出演し、世界情勢の先行きの不透明さが増す中で、国家から独立しているビットコインや仮想通貨の特性が支持され始めていると述べ、2017年9月以降、仮想通貨取引の全面禁止措置をとってきた中国も例外ではなく、仮想通貨に対する態度の軟化が見られると指摘した。

WeChat PayやAliPayを使った仮想通貨関連の支払い禁止など、政府による仮想通貨包囲網がエスカレートする中でも、中国市民は海外の取引所を介して仮想通貨取引を行ってきたとAllaire氏は説明。

1.中国の司法が「ビットコインは中国における合法的な資産」と判断

ー 杭州インターネット裁判所は「ビットコインは権利の対象として、財産の価値の希少性を有し、仮想財産である」として合法性を認めた。

中国政府によるグローバルなデジタル通貨発行の可能性

ー ビットコインの歴史や投資リスクについてインフォグラフィックスを用いて紹介

ー 中国政府とのより緊密な関係を構築することが目的

特に、フォビ(Huobi)は、中国政府との緊密な関係を構築することの一環として、北京に共産党支部を設立したことは、大きな注目を集めた。(2018年11月)これは、バイドゥやアリババといった中国IT大手の企業に続く形で、仮想通貨企業で初めての支部設立となり、取引の禁止を強める中国政府の内在的な思惑を示すとの意見も見られた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B