イーサリアム、アルトコイン不要論は妥当なのか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム、アルトコイン不要論は妥当なのか?

(Image: Shutterstock.com)

この度、8月7日に掲載したYouTube動画チャンネル「ビットコイナー反省会」の番組内容を解説した弊誌記事「Liquid上でステーブルコインTetherを発行することが市場に与える影響とは?」にて、一部アルトコインに対する発言の解釈が番組パーソナリティーの東晃慈氏が意図する内容と異なるニュアンスで読者の方に伝わってしまい、結果、東氏にご迷惑をおかけいたしました。誤解を招く表現になってしまったことを深くお詫び申し上げます。

「ビットコイナー反省会」は同日夜、それを受けて、急きょ「イーサリアム、アルトコイン不要論は本当に妥当なのか?」を放送し、意図とは異なった説明箇所について東氏自身が解説を行った。弊誌では、改めて正しい解釈となるよう、反省の意味を込めて記事の続報としてまとめさせていただくことにした。

【ビットコイナー反省会】

イーサリアム、アルトコイン不要論は本当に妥当なのか?

前回の記事は、ステーブルコインであるTetherがLiquid上で発行されると市場にどういう影響を及ぼすのか、それは過小評価されていないか、将来的に重要な出来事ではないだろうか、ということを解説したもの。その中で「アルトコインの機能はBitcoinとサイドチェーンを使えば、すべてBitcoinでてきてしまうということをLiquidは体現しているように見える」といった表現が、読者に対して他のコインを否定し、アルトコインは不要であるという誤解を招いてしまい、東氏が意図していたニュアンスとは異なる内容として伝わり、結果、迷惑をかけることになった。

東氏の番組での発言意図は、アルトコインの機能の一部は、想像しているよりも多くの機能が、LiquidやLightning Networkで代替される可能性があるというニュアンスだ。「Liquidは、Ethereum型のスマートコントラクトを使わなくても、かなりやれることがあることを証明することがコンセプトなのではないだろうか」ということが、東氏が伝えたかったことだという。弊誌記事の表現もまた「アルトコインは不要である」という意図は一切ない。Liquidなどサイドチェーン技術が持つ将来的な可能性について解説したつもりが、言葉足らずで誤解を招いたことは深く反省したい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B