弱気転落否定のビットコイン(BTC)、上昇トレンド継続の分水領|仮想通貨昼市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

弱気転落否定のビットコイン(BTC)、上昇トレンド継続の分水領|仮想通貨昼市況
 

弱気転落否定のビットコイン(BTC)、上昇トレンド継続の分水領|仮想通貨昼市況

弱気シグナル否定のビットコイン(BTC)、上昇トレンド継続の分水領
米中対立激化と各国における通貨安競争に起因する世界的な金融市場の不確実性が、ゴールド及びビットコイン(BTC)市場への関心を高めている。上下の壁でレンジを狭める中、ブレイク後の挙動が着目される。

底堅さを見せるビットコイン(BTC)

引き続き大荒れ模様の金融市場が、ビットコイン(BTC)への関心を高めている。8日には、米トランプ大統領による「FRB政策でドル高は好ましくない」などの口先介入などで、ドル売りも観測された為替市場。

一方で、米ホワイトハウスは、中国が米国産「農産物」の購入を一時停止した事への報復として、米企業がファーウェイと華為技術(ファーウェイ)との取引を再開するライセンスに関する決定を先送りする方針を示した。

米財務省幹部の話によれば、ムニューシン米財務長官は「7.0元を為替操作国の指定ライン」とみており、重要な節目と言える。このまま人民元安が進行すれば、リスクオフムードに拍車をかける形となり、2015年8月11日に発生した”チャイナショック”の再来が懸念されるだろう。

米中貿易戦争の余波は深刻だ。債券市場の動向は、世界的なリセッション(景気後退)リスクが高まっているとして警鐘を鳴らしている。欧州ではドイツのイールドカーブが金融危機以来の最も平坦な水準に達した。

テクニカル分析

大統領選を控える米国では、対中強硬派が台頭しつつあり、市場からタブー視されるドル売り介入を含め予断は許さない状況が続く。このような背景は、株式や債券などの伝統的な投資対象と性質を異にするオルタナティブ資産であるビットコイン(BTC)市場には追い風といえる。

どちらかと言えば、リスクヘッジの一環で分散投資の側面が強いと考えられるが、いずれにせよ日経ダブルインバースなどと同様、中・長期の下落局面では選択肢に入り得るだろう。

ビットコイン(BTC)は、9日12:00時点では126.3万円で推移している。売り仕掛けが入りやすい1:00〜5:00の下落でも、トレンドライン(青)を割り込む事なく反発を見せた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B