ビットコイン流出数は減少傾向にある!?ラフな仮想通貨時代閉幕へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン流出数は減少傾向にある!?ラフな仮想通貨時代閉幕へ

2018年からBTCとBCHの取引&資産管理サービスを提供している稀な銀行と知られるBank Frickの調査によると、流出したデジタル資産総額は上昇傾向にあるものの、BTC供給量に対する流出したビットコインの割合は減少しているという。
 
 
取引所ハッキングの現状レポート
 
Bank Frickによると、一般的な意見と一致するように「法定通貨で測定される(仮想通貨の)損失は時間と共に」増加傾向にあり、ハッキング件数も仮想通貨の価格上昇と共に着実に増えているようだ。
 

 
特に取引所ハッキングは市場回復時に増加する傾向にあり、仮想通貨の時価総額全体が100億ドルを突破した2013-2014年やICOブームが到来した2017-2019年にかけてそれが急増したという。

それでも、ハッキング件数の絶対値は上昇傾向にあるものの、供給量に対する流出したビットコインの割合は8年前と比べると減少している、とBank Frickは指摘した。
 

 
同様に、取引所ハッキング数が増加している一方でアクティブな取引プラットフォーム数も急増しているため、2011年では取引所全体の25%がハッキングに遭っていたのに対し、2018年ではそれが2%まで減少したという。

Bank Frickビジネスアナリストのマーティン・ストルツ氏は、このような調査結果について次のように述べた。
 

(ハッキングの)影響を受けたプラットフォーム数の減少は顕著であるため、激動の時代が終わったと結論付けられる…これにおける1つの解釈としては、初期のハッキングが警告サインとして機能し、当業界がセキュリティに重点を置くようになった。

 
また、依然として「Wild West (無法地帯、ラフな」と表現されることが多い仮想通貨業界だが、今回の調査結果を踏まえた上でそのようなイメージは「もはや適合しない」とストルツ氏は述べた。

最近でも取引所ハッキング個人データ流出が報告された当業界だが、従来の金融業界でも深刻な問題となっているサイバーセキュリティの向上に期待していきたい。

 
 

☞ブロックストリーム、「BetterHashプロトコール」世界初採用のマイニングプール展開へ

☞一般投資家は手を引いた!?今年のビットコイン強気市場は機関投資家主導か

☞ビットコイン市場占有率上昇、「宝くじのような」アルトコインとは?

 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞ついにFRB議長パウエル氏も!?ビットコインは「ゴールドのような投機資産」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B