中国人民銀行のデジタル通貨(CBDC)が生産段階間近=商業銀行間でブロックチェーンを構成

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国人民銀行のデジタル通貨(CBDC)が生産段階間近=商業銀行間でブロックチェーンを構成

中国人民銀行のデジタル通貨(CBDC)が生産段階間近=商業銀行間でブロックチェーンを構成

中国人民銀行のデジタル通貨(CBDC)が生産段階間近-仮想通貨ニュース コイン東京

10日、中国人民銀行(PBoC)は、40の金融機関グループ会議で中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を間もなく開始すると発表した。

中国の中央銀行PBoCの支払い・決済部門の副チーフであるMu Changchun氏は、CBDCのプロトタイプが既に存在し、PBoCデジタルマネー・リサーチグループはブロックチェーンアーキテクチャを既に導入していると述べた。

Changchun氏は土曜の会議で、「CBDCは2014年から人民銀行のデジタル通貨は研究開発を進めてきたが、ようやく準備が整ったと言える。」と述べた。

プリミティブベンチャーズ創設パートナーのドビー・ワン氏は、「デジタルRMB(人民元)プロジェクトが成功すれば、国内・国際経済に対する中央銀行の影響力を拡大する可能性がある。」と指摘した。

ワン氏によると、PBoCはネットワーク設計を完全に明かされていないが、PBoCと中国の主要銀行によってノードが制御されるパーミッション型ネットワークとなる可能性がある。ブロックチェーンの改ざん防止機能と秘密鍵暗号化により、従来の通貨供給管理と比較して、偽造取引を防止すると同時にPBOCが流通フローを管理しやすくなる。

「デジタルRMBの発行により、現金と硬貨はさらに陳腐化するだけでなく、商業銀行とM2の制御も容易になります。これは、PBOCがより効果的に制御・調整できることを意味します。・・・バランスシートから銀行商品やサービスを隠すことがさらに難しくなります。」

報道によると、リテールでの使用に必要なスループット(処理能力)を達成するため、中国のCBDCはブロックチェーンアーキテクチャに完全に依存していない。CBDCは運用上、2層構造を採用し、中央銀行が第1層、商業銀行は第2層を用いる。

PBOCのCBDCリサーチセンター責任者Yao Qian氏によると、PBOCが通貨発行と台帳管理を完全に制御するプライベートクラウド上のデータベースと、商業銀行がアクセスできる予備データベースで構成される。

Changchun副チーフによると、このシステムはリスクの集中と財政的な混乱を回避するのに役立つ。中国の広大な領土と人口、複雑な経済環境を踏まえると2層システムが適していると述べた;

「アクセシビリティの向上と利用意欲の促進の観点から、円滑に対処するために2層の運用フレームワークを採用する必要があります。このデュアル構造のデリバリーシステムは、我が国の条件に適しています。既存のリソースを使用する事で、商業銀行はデジタル通貨の統合をスムーズに実現できます。」

課題も指摘されている。この日の会議でChina UnionPayのShaofu Jun会長は、中国のCBDCの目標を達成するのは難しいだろうと述べた。CBDCは、国境間取引の従来の課題である遅延時間や非効率性を解決できる一方で、明確な運用プロセスが欠如している。また、国際的な規制枠組みを克服するのは困難だ。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B