韓国SKグループが仮想通貨リップルをフォーク、独自ステーブルコインと寄付プラットフォームの立ち上げ発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国SKグループが仮想通貨リップルをフォーク、独自ステーブルコインと寄付プラットフォームの立ち上げ発表

韓国SKグループが仮想通貨リップルをフォーク、独自ステーブルコインと寄付プラットフォームの立ち上げ発表

韓国SKグループが仮想通貨リップルをフォーク、独自ステーブルコインと寄付プラットフォームの立ち上げ発表

石油精製や通信事業を軸として展開する韓国SKグループの持株会社SK C&Cが、仮想通貨リップル(XRP)のシステムをフォークさせた寄付プラットフォーム「チェンジ(ChainZ)」、韓国ウォン裏付けの独自ステーブルコイン「SVC(ソーシャル・バリュー・コイン)」を発表した。朝鮮日報が8月9日に報じた

記事によると、SK C&Cは、社会的価値とブロックチェーンを結合させ、慈善団体の活動をより透明性を高めて管理・監督できるツールとしてチェンジを開発したという。またXRPがオープンソースソフトウェア(OSS)であるメリットを活用してフォークさせ、独自メインネットやスマートコントラクトなどの機能も独自に開発したそうだ。

チェンジはSVCによる寄付を受け付け、寄付者は寄付額の1000分の1にあたるユーティリティトークン「SVP(ソーシャル・バリュー・パワー)」を受け取れるという仕組みを採用。例えば、5万SVCを寄付すると、寄付者は50SVPを受け取ることになる。SVPは買い物などに利用できることを計画しているそうだ。

SK C&Cの責任者リー・ソンミン氏は、規制とエコシステム構築の問題が、チェンジ立ち上げの障害となっているとして、次のように説明した。

「SK C&Cは企業であるため、ステーブルコインで利益を追求することができない。規制の問題も解決されていない。(中略)技術的な実装に困難はなく、問題はプラットフォームのエコシステムの構築にある。(中略)単一企業でできるわけでもない。我々は現在、チェンジのエコシステムを一緒に構築する企業を探している」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B