米規制当局の在り方は、仮想通貨など新ビジネス育成環境の整備ーSECコミッショナー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米規制当局の在り方は、仮想通貨など新ビジネス育成環境の整備ーSECコミッショナー
 

米規制当局の在り方は、仮想通貨など新ビジネス育成環境の整備ーSECコミッショナー

米SEC理事、米国をブロックチェーン企業にとって魅力的な国することに意欲
米SEC(証券取引委員会)理事Peirce氏は、米国をブロックチェーン企業にとって魅力的な国にしていくことに対して積極的な姿勢を強調。一方で当局として議論に時間を要する現状への歯がゆさをあらわにする。

米クリプトママ、規制当局での議論は時間がかかる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

規制当局は、アメリカがブロックチェーン関連企業にとってより魅力的な国になる様に一所懸命努力している。

そう語るのは、「クリプトママ」との愛称で知られる米SEC(証券取引委員会)理事の一人、Hester Peirce氏だ。先週より、仮想通貨・ブロックチェーン事業に対する前向きな発言が注目されているPeirce氏だが、今回は米ブロックチェーン企業Dragonchain社との独占インタビューの模様が公開された

一方で、今回の発言の中では、これまでの当局としての進捗の遅さに対してもどかしさを表明している。その理由として、膨大な数の明確にしなければならない事項があるからだとその理由を述べる。

常として大きな期間であればあるほど、新たな規制を制定したり、定義を明確にしたりするには、膨大な時間を要する。これに対して、Perce氏は理解を示す一方、その様な否定的な見方で見られがちなSEC関しては、多くの人が気づいていないことがあるという。

この様にSECは着実に問題に対して取り組んでいることを明かしている。ただ、それを最終決定する時間がないと語る。

しかし、その様な状況にも関わらず、当局が段々と前進を加速していると、今後の展開に対して前向きな展望を持つ。

peirce氏は先週、SECとしてトークンセールのプラットフォームの開発に意欲を示した

ビジネス側が法整備を待つ、という状態が長く続いてきた中で、企業と技術の流出を食い止められる様な魅力的な環境を整備し、さらに業界を規制面でリードしていけるかが今後の焦点となる。

CoinPostの関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B